ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

ブッククラブ&イベント情報 Feed

2013年9月 6日 (金)

U25シリーズの著者が勢ぞろい!「U30東京仕事会議」キックオフイベント大盛況

6
2011年夏に創刊し、最新作世の中に新しい価値をつくる教室』で9冊目を迎えた、若い世代のためのサバイバルマニュアル、U25シリーズ。
サイバーエージェントさんとのコラボ企画「U30東京仕事会議」のスタートを記念して、U25シリーズ著者を招いてのキックオフイベントを、2013年8月18日に開催しました

555778_680062462021813_9922447_n

「U30東京仕事会議」とは、「会社の外に同期をたくさん作ろう」「社外の先輩から大切なことを学ぼう」をコンセプトに推進される、ディスカヴァー・トゥエンティワンとサイバーエージェント(SHAKE100)の共同イベントプロジェクト。今後、毎月開催していく予定です。
今回のキックオフイベントには、200名以上の方々にお越し頂きました。
U25シリーズを執筆された、家入一真さん、伊藤春香(はあちゅう)さん、須田将啓さん、安藤美冬さん、慎泰俊さんの5名に加えて、近々U25新刊を執筆予定の、内沼晋太郎さん、神原一光さんの合計7名がご登壇。

「20代に戻れるなら何をする?」
「セルフブランディングにおいて大事なことは?」
「いま20代の人に向けてアドバイス」
などなど、ビールを片手に、ところどころ脱線しながらも、とても盛り上がりました!
U-NOTEでまとめをアップしてくださっているほか、Business Journalなどでも取り上げて頂きました。

1006308_398181543614877_573634629_n

2

その後は懇親会へ突入! 豪華なスピーカー陣のまわりには話を聞きに集まる人たちでにぎわっていました。
記念撮影やサイン会も大盛況! 家入さんは、「会場で本を買ってくれた方には、その場で似顔絵を描く」と宣言。独特な絵を披露されていらっしゃいました(笑)
「U30東京仕事会議」の今後のイベント情報は、公式FacebookやU25ツイッターでお知らせします。ぜひ、チェックしてください!

U25公式ホームページ  ●ツイッター @u25_books

2013年8月22日 (木)

ブックコーディネータが教える読書術●山崎

「ドリンク片手に本を楽しもう」というコンセプトで毎月開催している Discover Book Bar。

8月は、ブックコーディネータであり、下北沢にあるビールと本を同時に楽しめる話題の書店B&Bの共同プロデューサーでもある内沼晋太郎さんをゲストに迎え、「本の読み方・選び方」を伺いました。

内容を少しだけご紹介。

Dscf8648

 

●選び方について
内沼さんが推奨するのは、書店を散歩して、気になったらとりあえず買うこと。
お金がなければ、タイトルだけでもメモをしておきましょう。
そこから、自分が今潜在的に何に興味があるのかという傾向が見えてくるからだそうです。
ネットでの検索ではなく、リアル書店だからこそ発見できる新しい自分があるんですね。


●読み方について
3名の「読書術」を比較しながらご紹介くださいました。

Dscf8653

佐藤優さんは『読書の技法』の中で、まずは5分くらいで超速読をすることを薦めているそう。
そこから、超速読のままでいいもの、30分かけて速読するもの、熟読するものを仕分けするそうです。熟読というのは、線をひきながら一読し、囲みながら二読しノートにその部分を書きだし、結論部分を三回読んで、最後にもう一度読むこと。

成毛眞さんは、『本は10冊同時に読め』という本のなかで、さまざまなジャンルの本を10冊同時に読めと言います。線を引いたり付箋をはったりするのは読んだ気になるだけ。きれいに読むべき、と薦めているそうです。また本の購入代に糸目をつけるな、本を読めば将来お金持ちになれるんだから、ということもおっしゃっているそう。

松岡正剛さんは、『多読術』という本の中で、本はノート。どんどん書き込め、と主張されているそう。読書を「特別なこと」と考えず、日々の生活でやっていることのように、カジュアルなものだと捉え、ひたすらできるだけたくさんの本に触れるべき、だそうです。

正しい読み方はない。自分にあった読み方を選ぶことが大事、と内沼さんは語りました。
内容が濃いのに軽快なトークで、45分があっという間なほど惹きつけられてしまう、素敵な会になりました。

実は内沼さん、U25 サバイバルマニュアルシリーズにて書籍を執筆中。
こうご期待!

――――――――――――――――――――――――――

さて、次回は、特別バージョンでおとどけ!

Discover Book Bar ~ ドリンクを片手に本を楽しもう ~ 1 周年祭

Bookbar

Book Barはおかげさまで 1 周年を迎えます。
みなさまへの感謝の気持ちをこめて、今回は特別にお祭りを開催します。
やきそばやビールはもちろん、お祭り気分を味わえる企画も計画中。
楽しくお酒を飲みながら、本について語り合いましょう。
弊社スタッフもたくさん参加予定です。浴衣でのご参加も大歓迎!

はじめての方も、お気軽にお越しくださいませ。

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています♪

2013年7月21日 (日)

世界でいちばん短い小説とは?●山崎

世界でいちばん短い小説をご存知ですか?
おそらく、「Six-Words」だと思います。
ヘミングウェイが書いたと言われる

"For sale: baby shoes, never worn" (赤ちゃんの靴売ります。未使用)

に代表される、英語6語でつむぐ物語です。
たった6語だからこそ、想像力をかき立て、読む人によっていろいろな背景をつくることができる小説のカタチです。


では、日本でいちばん短い小説は?
たった140字で物語を紡ぐ、ツイッター小説です。
(筒井康隆さんの作品で、二言で終わる小説があるそうですので、一番短い小説はそれかもしれませんが、小説ジャンル、という意味ではツイッターが最短でしょう。)

76502_656986140996112_1691874306__2  7月のBook Barでは、『Six-Words』を翻訳した翻訳家、越前敏弥先生をゲストに迎え、弊社社長の干場とともにツイッター小説の授賞式およびトークセッションを行いました。
今回はそのイベントレポートをお届けします。




――――――――――――――――――――――――
Dscf8223 授賞式には4名の受賞者がきてくださいました。
作品と、書いた人の印象が違う!と越前さんと干場をはじめ、会場は騒然。
今回は残念ながらお越しいただけなかった受賞者のみなさんも、きっとイメージしている作者象と違うんでしょうね。
140字の中には表れない作者の個性、というのもひとつの発見でした。


トークセッションでは、各受賞作に二人から講評をしていただきました。今回は大賞と、越前さんが一番好きだと言った作品を一つご紹介します。
(全ての受賞作品はコチラでご覧ください)

大賞:

おかあさんすき。きいて!お友達ができたよ。よそはもっとお小遣いもらってるのに。似てないよ母さんになんか。格好悪いから外で話しかけんな。何とか大学合格してた。たえこと結婚します。少し父親としての実感が沸いてきました。たまには帰るね。ねぇ嘘でしょ癌なんて。天国から見えますか。母さんへ

これ、満場一致で大賞に決まりました。140字の中で、全て母親への呼びかけで、人生、生と死を表現している。誰もが口にしがちな言葉が、審査員の共感を得た。ということで、選ばれました。
でも、実は、この作品、それだけじゃなかったんです。みなさん、気づきましたでしょうか?

実は、しりとりで、構成されているんですよ。
すき―きいて、できたよ―よそは、もらってるのに―似てないよ…すべて、しりとりになっています。
作者のこの表現力、脱帽です。

そして越前さんお気に入りの作品は
優秀賞:

教室の扉を開けると小学校で同じ組だった懐かしい顔が私を待っていた。「加奈は今日も遅刻やなー」そう言ったのは武だった。全員がどっと笑った。「これで揃ったね。入って来れば?」委員長の優花が言った。皆を待たせたみたいだ。老人の私はみるみる子供の頃の姿に戻った。私が一番長生きしたんだね。

生と死を表現しているところ、最後の一文で世界観がひっくり返るところが素晴らしい、とのことでした。

ツイッター小説大賞、140字といえど、奥が深いです。

9784887598591二人が来年期待したい小説は、
 冒頭で紹介したヘミングウェイのSix-Wordsや、それから書籍にも載っている

”I still make cafee for two.” (いまもふたりぶんのコーヒーを淹れる。)

のうような、結末や背景を読者の想像力にゆだねるようなもの、ということでした。

今年のツイッター小説大賞の受賞作は、今月末には電子書籍にて発売予定です。
楽しみにおまちください。

――――――――――――――――――――――――

Photo さて、来月のBook Barは!
第12回 Discover Book Bar ~ドリンク片手に本をたのしもう~

【開催概要】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
開催日:8月9日(金)19:00~20:00
ゲスト:内沼晋太郎さん
定員:30名
会場:ディスカヴァーセミナールーム
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブックコーディネータの内沼晋太郎さんをお迎えし、「本の読み方、えらび方」をテーマに開催。
若手編集者の徳と対談をしていただきます。

お酒を飲みながら交流する時間もたっぷりあります。
おひとりでも、お友達とでも、お気軽にご参加くださいね。

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

お申込みはコチラ

【今後のイベントのご案内】======================

◆新宿セミナー@kinokuniya『経営戦略全史』刊行記念 三谷宏治講演会
~ 経営戦略を、人生に活かす。「ストラテジー・オブ・ライフ」 ~  

開催日:7月30日(火)19:00~20:45
会場:新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4階)

2013年7月19日 (金)

未来の選択~僕らの将来は政策でどう変わる?●山崎

参院選が21日に迫っています。
テレビをつければ党首が討論をし、街を歩けば街頭演説があちらこちらで聞こえます。

でも、なんだか、どこか他人ごとのような気がしちゃうのはなぜでしょう。
自分の周りはもとより(私も世に言う’ワカモノ’、ゆとり世代です)、電車に乗っていても、街を歩いていても、カフェにいても、選挙の話をする人に出くわすことはほとんどありません。

政治も大事、そんなのわかってるけど、でも、仕事のこと、友達のこと、恋愛のこと、趣味のことで頭がいっぱい。政治まで考えている暇はない。なんて人、きっと、多いとおもいます。


9784799313572_2 そんな人たちに、もっと政治に興味をもってもらいたい!もっとジブンゴトにしてほしい!
そんな想いで作った『未来の選択~僕らの将来は、政策でどう変わる?』の発売を記念して、刊行直前イベントを開催しました。

登壇されたのは5名。



Dscf8167 鈴木菜央さん
greenz.jp/NPO法人グリーンズ代表理事)
原田謙介さん
NPO法人YouthCreate代表
青木大和さん
(「僕らの一歩が日本を変える。」代表)
奥村政佳さん
(アカペラグループ所属/気象予報士/保育士/日本政策学校第1期生)

モデレータ:金野索一さん
日本政策学校代表理事/『未来の選択』著者)

憲法改正について、年金について、消費税・社会保障について、書籍の中に使われている政策マトリックスにそってお話をしていただきました。これが、みなさん独自の視点で面白いんです。

Dscf8178 途中、参加者同士グループをつくり話し合う時間があったのですが、それも白熱!
普段、政治について議論を交わすことがない分、とても新鮮で意義のある話し合いの場となったのではないかと思います。

この様子は、ニコニコ生放送でも配信しました。
そのうち、アーカイブがアップされる、、かもしれません。
その際はまたお知らせしますね。

そして、重大発表!
先日社長の干場が書いたブログで発表をした、『未来の選択~僕らの将来は政策でどう変わる?』の電子書籍限定先行発売を開始しました!しかも、なんと、200円という破格!
選挙前に、より多くの人に読んで欲しい、という判断です。

ディスカヴァーサイト はこちら(※専用ビューワ―アプリのダウンロードが必要です)
KOBOはこちら

そして、もう1つ発表。
好評いただいている、短時間で学びが得られるYoutube動画、「ディスカヴァーミニ講座」に日本政策学校代表理事の金野さんの動画がアップされました!

「投票に行かない若い世代が損をしている理由」

その他、「今後の社会変動を読み解くふたつのボーダレス」「ネット選挙解禁でどのような影響が起こる?」というテーマでもお話いただいています。

選挙前に、ぜひご覧くださいね。

余談ですが、AKB総選挙に興味を持つ若者が、国の選挙に興味を持てば、何か、かわるような気がするのは私だけでしょうか。笑
あのときは、みんなツイッターやら中継やらで経過をチェックして、街中でも電車でもみんなその話で持ち切りだったような気がします。
みんなで政治の話ができるようになったら、未来は少し変わる気がします。

【今後のイベントのご案内】======================

◆新宿セミナー@kinokuniya『経営戦略全史』刊行記念 三谷宏治講演会
~ 経営戦略を、人生に活かす。「ストラテジー・オブ・ライフ」 ~  

開催日:7月30日(火)19:00~20:45
会場:新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4階)

◆第12回 Discover Book Bar ~ドリンク片手に本をたのしもう~

開催日:8月9日(金)19:00~20:00
ゲスト:内沼晋太郎さん
会場:ディスカヴァーセミナールーム

2013年7月 2日 (火)

経営を戦略を人生に活かす! 三谷宏治さん講演会@紀伊國屋ホール

9784799313138 ロックな経営書として話題の『経営戦略全史』の刊行を記念して、新宿紀伊國屋ホールにて著者の三谷宏治さんの講演会を開催します。

題して、
経営戦略を、人生に活かす「ストラテジー・オブ・ライフ」

「経営戦略」は経営者や企画部だけに必要なものではありません。 また、単なる知識でも学問でもありません。
戦場を規定し、戦い、幸せになるために磨き上げられてきた「考え方」なのです。
その経営戦略論 100年の流れを概説するとともに、その「考え方」をいかに、 普段の仕事やキャリア、チームに活かすかを紹介します。

7月30日(火) 開場18:30 開演19:00
会場 : 新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4F)
料金 : 1,500円(全席指定・税込)

↓↓お電話でチケットのご予約を受付中です。
紀伊國屋ホール TEL : 03-3354-0141( 受付時間10:00~18:30)


著者の三谷宏治さんは、ボストンコンサルティンググループ、アクセンチュアで20年間、戦略コンサルタントとして活躍され、現在はビジネススクール教授、著述家として活躍されています。
4月に開催したアカデミーヒルズとのコラボセミナーは告知後すぐに満席となる人気でした。
今回は、経営戦略論を仕事・人生・キャリアに絡めてお話くださいます。(この内容で1500円は、貴重です!)
お誘いあわせのうえ、ぜひお越しください。

本書を読んだ方からは「400ページを一気に読めた!」「クライアントに先に読まれたらヤバい」など大反響! (ブログに感想を書いてくださった方のブログを一覧にまとめましたので、ぜひ 「続き」からお読みくださいね)

ところで、 6/28(金)の日経広告、ご覧いただけましたか?
『99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ』『経営戦略全史』『最高の自分をつくる人生の授業』の3点をドーンと掲載しました!
D21_nikkeizen5_0626
『経営戦略全史』は、もともとAmazonで高順位でしたが、この広告でまたランクアップ!
『99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ』は早くも10万部突破
TSUTAYAさん全店ランキングでも2位につけています。(6/24~ ちなみに1位は「いつやるか?今でしょ!」でブレイクしている林先生の本でした)
『最高の人生をつくる人生の授業』は、NHK「ソウル白熱教室」で話題を呼んだキムナンド先生の書籍です。

今後もディスカヴァーのビジネス書にご注目ください。

続きを読む »

2013年7月 1日 (月)

読書会は絶好の出会いの場!? Discover Book Bar@お台場レポート●山崎

「婚活」という言葉もすっかり定着した感がありますが、実は今年の結婚数は戦後2番目の少なさなんだそうです。
婚活しているのになぜ結婚できないのでしょうか?

Dsc_0779 毎月「ドリンク片手に本を楽しむ」をテーマにサントリーさんの協賛で開催しているDiscover Book Bar。
いつもはディスカヴァーのオフィスでやっているのですが、6月は第10回特別Ver.ということで、お台場のホテルグランパシフィック Le Daibaのメインバー「ルイ ロペス」にて開催しました。

ゲストには、「婚活」という言葉を生んだ『「婚活」時代』著者の白河桃子さんと、「ゼクシィ」編集長の伊藤綾さんをお迎えし、婚活について、結婚と恋愛について、たっぷりお話いただきました。
今回はその中からピックアップしてレポートします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは、冒頭の質問のお答えから。

3_2  白河さん:婚活していても結婚できないのは、みんな恋愛を忘れて婚活をしているからなんですよ。条件だけで結婚するのが「婚活」とか、冷静に判断するのが「婚活」とかいう誤解が生じているんです。

伊藤さん: ときめきが全くなしで結婚は、なかなか出来ないですもんね。実は結婚後満足の高いカップルは、記念日は大事にするとか、結婚生活の中でときめくように努力しているカップルなんです。
ときめきスキルってすごく大事だと思いますよ。

 白河さん:大事ですよね。「全然ときめかないんですけど、どうしたらいいですか」という質問も多いですが、やっぱりもう無理やりするしかないですよね。

なるほど。確かに、合コンでも街コンでも「婚活」となると条件にばかり目が行ってしまう気がしますよね。それではいけません。
いかに相手にときめけるか、それが一番大切です。

あと、もう1つみなさんに絶対お伝えしたかった箇所をご紹介!

2 白河さん:結婚するカップルの出会いはどこが一番多いのでしょうか?

伊藤さん:人の紹介も多いですね。

白河さん:日本人の3大結婚する要素は、友達、会社、学生時代って言われますよね。あと私が最近一番おすすめなのは、読書会。

伊藤さん:読書会ってこれ?こちら?どうしてですか?

白河さん:条件ではなくて、結婚後どうやって寄り添っていけるかが重要ですよね。それって内面の深いところが見えないとだめじゃないですか。自分の読んだ本の感想を言っていると、結構深い所まで言いあっちゃって、その人の本質が見えるんです。

だそうですよー!!Discover Book Barから結婚するカップルが生まれたりしたら、楽しいですねー!なんて、でも出会い系のイベントではないのでお間違えないようにしてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のトーク、本当に面白く、一回きりで終わってしまうのはもったいない!
ということで、対談内容をまとめてアップしちゃいます!またアップする時にはお知らせしますね。

Photo 今回はトークのみでなく、会場もスペシャル。ルイロペスの飯塚貴也さんが、抽選であたった5名の方に、婚活カクテルも作ってくださいました!

ハート型の欠片が二つ入っていて、飲み終わった後にくっつけば…(〃▽〃)な素敵なカクテルでした。

素敵な会場で、交流タイムでもみなさん話が進んだ様子。白河さん、伊藤さん、ご参加くださった皆さま、ルイロペスのみなさん、どうもありがとうございました!
実は来月、婚活時代第二弾となる『婚活シンドローム』も発売予定。おたのしみに!

※ちなみに、ルイロペスは水曜日がレディースデー
なんと、1800円でオードブル&ドリンク2杯ついちゃうんですって!
ありえない価格ですよ…!私も今度プライベートで行く予定です。みなさまもぜひ☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、次回の「第 11 回 Discover Book Bar ~ ドリンクを片手に本を楽しもう ~ 」は!
【開催概要】――――――――――――――
日時:7/12(金)19:00~21:00(開場18:45)
会場:ディスカヴァーセミナールーム
ゲスト:越前敏弥さん(翻訳家)・干場弓子(弊社取締役社長)
参加費:1000円
テーマ:第3回ツイッター小説大賞
―――――――――――――――――――

なんと、『ダ・ヴィンチ・コード』著者の越前敏弥さんがゲスト!
ディスカヴァー社長の干場と対談で、第3回ツイッター小説大賞の受賞作品についてコメントしていただきます。
決められた文字数での表現の仕方についてもお話いただく予定です。
お申込みはコチラから♪


2013年6月30日 (日)

ゲームばかりする子どもへの教育法とは!? ●山崎

最近は家にいても外にいてもゲームをしている子どもばっかり目につきますよね。
親御さんも、どうやめさせるべきか悩む人も多いのではないでしょうか?

Dsc01266_2 そんな親の悩みに答えてくれるのが『忙しいパパのための 3分間育児』著者のおおたとしまささん。
先日はあの育メン芸人、レイザーラモンHGさんと対談企画で盛りあがったおおたさんですが(6/29の産経新聞をご参照ください)、今回は父の日にTUTAYAアトレヴィ田端店にて~ 3分間で子どもを笑顔にできるパパになる!~イベントを開催しました。

父の日特別イベントということで、親子で発砲トレーを使いつりぼりを工作しました。
子どもが遊んでいる間、おおたさんは親御さんに質問を投げかけます。

「新聞紙、縄をつかった遊びを考えてみてください」

新聞紙だと、チャンバラ、丸めてボール投げ、紙てっぽうなど。
縄だと、縄とび、電車ごっこ、縄登り、など。結び目をたくさんつくって、子どもにひたすらほどいてもらうというのもひとつの遊びです。

Dsc01338 「そうやって、親が遊びを考えることが大切なんです。
子どもがゲームばかりするのは、相手がいないから。他の遊びを知らないから。
子どもがゲームに熱中していたら、それは親の頑張りどきです。

親御さんもみなさん忙しいと思います。それでも、少ない時間でも見つけて遊ぶんです。
その時、その場にあるもので楽しい遊びを考えて子どもに提案してみましょう。

それが、子どもの創造力、想像力のアップにもつながります。
遊びの中で子どもの生きる力を伸ばすことが出来るんです。

資源ごみの日に段ボールを「捨てないで!」と言われるようになったら、勝ちですよ。
限られた時間の中でも、子どもと一緒に遊ぶことは大事にしてくださいね。」

9784799313220 ‘家族との時間は量より質’と教えるおおたさん。
書籍『忙しいビジネスマンのための 3分間育児』でも3分でできるパパ遊びの例や、パパの名セリフ集もたっぷり載っています。
夫婦のパートナーシップの構築の章もあり。

忙しいパパのみなさんは、ぜひ読んでみてくださいね。

2013年6月 6日 (木)

うたって、笑って、最後にほろり。大人も子どもも目が離せないよみきかせ。●山崎

全国書店でひっぱりだこ、こんなのあり!?な読み聞かせツアーをディスカヴァーでも開催しました!

その名も「『むらをすくったかえる』発売記念 絵本読みきかせ&サイン会ツアー 」。
4月に発売となった絵本を引っさげ、作者のサトシンさん、絵を描いた塚本やすしさんに各地書店を回っていただきました。
とってもとっても面白い読み聞かせ、レポートを兼ねてそのポイントをご紹介。

Photo_2ポイント①: 著者のお二人がコワモテ…

こちらの写真はリブロ池袋本店さまにて。
左が塚本やすしさん、右がサトシンさん。
塚本さんが原画を持ってきてくださいました。

因みにこの紙、とても高級な紙を使っているそうです。
サトシンさんの渾身の一作であるこの作品を最初に読んだとき、久々に震えた、とのこと。
この素晴らしい話を表現するため、高級な紙を使い、全身全霊をかけて書き上げたそうですよ。


Dscf7747_3 ポイント②: 歌が楽しい!

サトシンさんの絵本は、歌になっているものが多々あります。
とっても有名な作曲家さんが作曲したそうで、非常にキャッチーで耳に残りやすい歌ばかりです。
この『むらをすくったかえる』も歌になっているのですが、しばらくは頭からはなれません。
げーこげこげこげこげこげっこ。
(「ソング絵本大全集」としてキングレコードさんより販売されているそうです。私も欲しいです、これ。)
お子さんも楽しく手拍子をして聞いていました。


Photo_4 ポイント③: 漫才…?

おふたりの掛け合いで進んでいく読み聞かせ。
サトシンさんの絶妙なツッコミが面白いんです。まるで漫才でも見ているようでした。
お父さん方の心も掴む話術、さすがです。


9784799313176 ポイント④: 泣ける!

満を持して一番最後に読むのが『むらをすくったかえる』
この話が、また、泣けるんです。私も聞いていて毎回泣きそうになっていました。
塚本さんが泣きそうになってしまい、読み聞かせながら詰まってしまった、なんて逸話も…!


421 ポイント⑤: サイン会もたのしい。

サイン会での落書きがとっても素敵なんです。
それに、子どもに「パパになってあげよっか?」「世界に二人しかいなかったらどっちと結婚する?」なんて冗談を言いながら最後までエンターテイナーなお二人です。

いやー、お二人とも、本当に面白い。
読み聞かせはエンターテイメントですね、もはや!

そんなおふたりのうちのサトシンさん、無料で、3分で学べるディスカヴァーミニ講座に登場!
「子どもが絵本から得られること」「子どもも大人も楽しめる絵本の良さ」をテーマに語っていただきました。

今回開催していただいたのは、リブロ東戸塚店様、ラゾーナ川崎店様、有隣堂たまプラーザテラス店様、リブロ池袋本店様、蔦屋書店仙台泉店様、大垣書店イオンモールKYOTO店様、大垣書店イオンモール京都五条店様。
今後もまだまだ各地で開催を予定しています。
お近くの書店におふたりが行くときは、ぜひ足を運んでみてくださいね。

2013年5月22日 (水)

第一印象を決める声の出し方●山崎

428480_624985820862811_2137329116_n みなさん、ご自分の声はお好きですか?

人の印象を決めるのにとても大きな役割を果たす声。
今月のDiscover Book Barでは、『「自分」が伝わる声ヂカラ』の著者大槻水澄(MISUMI)さんをゲストにお迎えし、声についてのミニトーク&ミニレッスンをしていただきました!
今回は、そのレポートをお送りします。


――――――――――――――――――――――――――

人に聞こえている自分の声って、自分が思っている3倍、ぺらっとしていて深みがないんだそうです。
じゃあ、いい声、深みのある声というのは、どう出すのでしょうか?

そもそも声とは、空気の震動ですよねDscf7793 。良い震動をつくりだすのは、呼吸です。
現代日本人は、デスクワークでパソコンとにらみ合いながら、どんどん姿勢がわるくなり、浅ーい呼吸しかしていない。
歪んだギターからいい音がでないのと同じで、人間も姿勢を正してしっかりと肺に息をいれて呼吸をするのを意識していると、声の出方も変わってきます。

9784799310328自分の立ち姿を、横から写真で撮ってもらってみてください。
思った以上に頭が出ていたり、猫背だったりするんです。
壁に頭、肩、かかとをつけて立つ練習をしてみてください。
歪みが直るだけで、だいぶ声も変わってくるはずです。

他にも、自分の口角を確認し、上げるレッスンなどをしてくださり、あっという間の45分でした!
気になる方は、ぜひを読んでみてくださいね。

毎回お馴染みの交流タイムも非常に盛り上がり、とても楽しい2時間でした。
大槻さん、ご参加くださったみなさん、本当にありがとうございました!


――――――――――――――――――――――――――――――――
さて、毎月第2金曜日に開催しているDiscover Book Bar。
毎月、読者同士の交流や、ゲストをお呼びしてのミニトークなどを行っていますが、6月はなんと出張しちゃいます!
第 10 回 Discover Book Bar @ お台場

お台場にあるオシャレなホテルバー「ルイ ロペス」にて日常から離れて素敵な夜を過ごしませんか?   
Photo_3

【開催概要】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
開催日:6月14日(金)19:00~21:00
ゲスト:白河桃子さん(『「婚活」時代』著者
定員:35名
参加費:4500円(飲み放題・オードブルつき)
会場:ホテル グランパシフィック LE DAIBA メインバー「ルイ ロペス」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲストには「婚活」という言葉をこの世におくり出した、『「婚活」時代』  著者の白河桃子さんをお迎えします。
『「婚活」時代』の第 2 弾の出版を控えた白河さんに、日本人の結婚について、恋愛について、たっぷり語っていただきます。

男性も女性も未婚も既婚も大歓迎!
ホテルバーなんて行ったことない…なんてあなたも大丈夫。
ぜひ雰囲気を味わいに来てみてくださいね。
せっかくですから、いつもよりちょっとおめかししてお越しください。

※実は、このお値段で、白州、プレモル、ワイン、カクテル10種飲み放題なんて、他ではありえません。
私も楽しみでしかたないです。笑

お申込みはこちら

2013年4月24日 (水)

ディスカヴァー初・絵本よみきかせツアー開催!

Photo ディスカヴァーから、「21世紀をつくるこどもをつくる」をテーマに絵本を3冊同時創刊!
その中の1冊、『むらをすくったかえる』の発売を記念して、著者のサトシンさん、塚本やすしさんによる読み聞かせを開催。
子どもの心をつかむ読みきかせでひっぱりだこのおふたりが、あなたの街の書店にやってきます。
この機会にぜひ遊びに来てください。

すべて無料、参加自由です。
サイン会も行いますが、サインは当日各お店にて『むらをすくったかえる』をご購入いただいた方のみと
させていただきます。

詳細はこちら


【ツアー日程】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ●4月28日(日)11:00~12:00
    丸善ラゾーナ川崎店 044-520-1869(10:00~22:00)
   
 ●4月28日(日)14:00~15:30
    有隣堂たまプラーザテラス店 045-903-2191(10:00~22:00)
   
  ●4月29日(祝・月)15:00~16:30
    リブロ東戸塚店 045-828-2444(10:00~22:00)

 ●5月12日(日)14:00~15:30
    蔦屋書店仙台泉店 022-772-2011(平日 9:00~23:00 土日祝 8:00~23:00)
   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
―――――――――――――――――――――――――

9784799313176_2『むらをすくったかえる』あらすじ

村はずれの、沼地ほとりに棲みついた一匹のかえる。しかし、村人たちからは「気持ち悪いよそ者がえる」として、嫌われていた。
やがて、村が大かんばつに襲われると知ったかえるは、思った。「まもなく、田畑は乾き、井戸は枯れ、村じゅう、死に絶えてしまうことだろう。ざまあみろだ!」 しかし、かえるはこうも思った。
「だけど、もし、おれの雨乞いの歌で、日照りから村を救うことができたなら……」

―――――――――――――――――――――――――

わたし、泣きました。
『むらをすくったかえる』
本当にいいお話。

実は著者のサトシンさんと塚本やすしさん、ディスカヴァーのスタッフにむけてよみきかせをしてくださったことがあるんです。
ものすごくひきこまれます
このブログ冒頭で「子どもの心をつかむ」なんて言ってますが、大人の心もがっちりつかまれます。
ぜひ聞いてほしいです。お近くの方、ぜひ!

  9784799312728_29784799313169_2 ちなみに、「21世紀をつくる子どもをつくる」をテーマに絵本を3冊同時創刊するのですが、その他2冊は『はんぶんこ』そして『いじわるアイザック』
見てくださいこのアイザックの小憎たらしい目!かわいすぎる…!
ディスカヴァーから絵本創刊なんて、とても嬉しいです。
4月28日発売です。期待してください♪

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!