ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

干場弓子の社長ブログ Feed

2014年1月16日 (木)

周りの人のサポートで、コツコツやれば今年はゴール達成だ!!? 〜怖いくらい図星だと評判のMY ANSWERS BOOK 易経版で占ってみた! ●干場 

明けましておめでとうございますのご挨拶もしないうちに、小豆粥をいただく「小正月」(1月15日)も過ぎてしまいました。

さて、新年といえば、みなさん、抱負というか新しい目標を立てたと思います。
わたしの目標はひたすら、会社のゴール達成なのですが、

11

そんなときに、多くの経営者が(実は大企業の経営者ほど)、「易」によって、行動指針を確認しているらしいって、ご存じでした!?(「資生堂」みたいに、社名に易のことばが使われている会社も実は少なくない!)

儒教の時代の四書五経のうちの「易経」の易、孔子よりずっと前、いまから3000年くらい前に中国で生まれた天下自然の法則の体系化とでもいいましょうか、

細木数子さんなんかが元にしている四柱推命とか、うちでもなぜか請け負って出した「高島易断」の「九星気学」とかの大本にもなっている、いわば、アジアと日本の占いの大本の大本とでもいえるものです(西洋は、星占いですものね)。

基本は、陽と陰で、それを象徴的に示した「太極図」は、韓国とかモンゴルの国旗にも使われているし。。

1

そうそう、東京の山手線と中央線の路線計画、この太極図に模して、安全を祈念してつくられたそうです、関東大震災のあとの帝都復興員総裁となったときの内務大臣、あの後藤新平によって!

というわけで、実は、知らないところで、わたしたちの生活に入り込んでいるこの易経をつかった易占いを、本邦初!得意の超訳で、人気定番シリーズ「MY ANSWERS BOOK 」に加えました!

超訳といっても、ちゃんと日本で唯一の正統派の易経研究家の流れを汲む研究会の方々に書いていただいたので、本質はしっかりホンモノです。

244

開いたページで占う方法でも使えるけれど、サイコロやコインを使った、より本格っぽい占い方でも使えるように、工夫して編集されています(エッへん!わたしが編集したのだww)。

ただ、西洋の星占いなんかになれている人は、「どうしたらいいですか?」ときいて、「天のお告げを待つ」みたいなつもりでいらっしゃるかもしれませんが、これはあくまでも、運気を占って、今自分がやろうとしていることの達成確度を最大限に上げるには、どういう時期、行動が、今の時期には有効か、を見るものです。

選択を占いに依存する人ではなく、自分で選択していける人をサポートするものです。

経営者に人気なのも、そのためでしょう。実際、君子のための学問として生まれたものですし、東洋の帝王学のひとつでもあった訳なので。。。

(といっても、恋の行動にももちろん使えますけど!)

というわけで、実は、占い嫌いのわたしにもぴったりのこの本(占いって、どこか依存的でしょう? わたし、そういうの、いちばん嫌いなので、、、)で、著者グループ「東洋哲学研究会」のメンバーのひとり吉原俊一さんに、わたしの今年を占ってもらいました。

卦は(「当たるも八卦、当たらぬも八卦」のあの卦!)、「地風升」、いい卦だそうです。

で、本に出てきたのはこれ。

2

602701_07jpg__085

102201_02jpg__086

さらに、吉

原さんが詳しく解説してくれ

たのは、以下の通り。

干場弓子の2014年の年筮

 「地風升初爻」:晴(伸びゆく若芽)

・「升」とは、のぼり進むこと、「地」の下に芽を出した若木が、天をめざしてすくすくと伸びゆく姿を示す卦。

・土台を固めて、環境を整え、生命力を蓄え、ゆっくり大木に育てる心構えが必要。

・小さなことをコツコツと積み上げていく粘り強い姿勢が大切。

・目上の人の指導に謙虚に従うことが肝要である。焦らず、止まることなく、将来をしっかり見据えること。途中で放棄すると一生後悔することになる。

・堅実に、自信をもって向上するものを表している。心構えとしては、①時を得ること、②実力を養うこと、③後援者を得ること、の3つが「彖伝」にあげられている。若芽には、春の季節と強烈な生命力と豊かな養分が必要なのである。

(初爻)

・たくましく昇りはじめたところ。上と志を合わせて進むこと。大吉。

ふむふむ。目上の人の指導に従い、周囲の協力を得つつ、コツコツやれば、目標達成と言うことですね!

よっしゃ! ディスカヴァー、ことしは結構大きな戦略変換行っているので、コツコツ土台を築けば、年末には、ゴール達成だ!

というわけで、「MY  ANSWER BOOK 易経版」、2400円とちょっと高いけれど、なんといっても800ページ(その割には軽い!!)、何度でも一生使える。

一回5000円から2万円の鑑定量がかかるのが、ひとりで何回もできる、彼彼女や家族、お友達のも占ってあげられる! 

とおもえば、お安いでしょ!?

えっ? でも、わたしもやっぱりプロの指導のもので、占いたい! 占ってもらいたい! というあなたに。ギリギリの告知となりましたが、17日(金)のブックバーで、著者のお一人をお招きして、易経ワークショップ、行います!

いつものように、19時〜(ワークショップは19時半から)、ディスカヴァー本社セミナールームとロビーにて、ドリンク片手に!

今年の抱負と目標をより確実にする良い機会。まだ若干席に余裕がありますので、いまからでもどうぞ! お申し込みはこちらから。

ところで、良くない卦が出たらどうするか?ですが、いけないのは、すぐにまた、同じテーマで占うこと。

そうではなくて、これは運気を見るものですから、運気を変えればいい。ちょっと行動のパターンを変えるとか、ちょっとしたことで、それは変わるようです。バタフライエフェクトです!(そういえば、メン・イン・ブラック3にでてくる予知能力を持つ青年が予知する世界も、バーにチップを置くのを忘れるかどうかで変わったりしていましたね!)

実際、週の行動指針を占った弊社の蛯原は、「今日は帰る道順を変えて、運気を変える!」と、いさんで帰っていきました。そのせいかどうか、先月も快調でした!

というわけで、MY ANSWERS BOOK 易経版で、今年の目標をかなえよう!

2013年10月31日 (木)

水平思考(ラテラルシンキング)入門テキスト決定版登場! ●干場

いつも、新刊見本が届く度に、「おお! これは素晴らしい! 早く紹介しなくっちゃ!』と思いつつも、書店に並ぶ頃には、次の本が来たりして、そのときの興奮を忘れてしまう。すべての本を平等にご紹介しなくっちゃ、というのもある。
すべての子ども、すべての生徒、すべての社員が同じようにかわいいように、すべての本がカワイイのだけれど、そのときの「ノリ」などもあり。。。。


というわけで、今日、興奮した新刊を書く。

マジビジPROシリーズ 図解とパズルでわかる 
水平思考(ラテラルシンキング)で会社を救え!

1

著者は、ラテラルシンキングで有名なポール・スローン。

2007年に弊社から出版の「イノベーション・シンキング 〜誰でもものすごい発想ができるようになる10のステップ』の再編集版だ。

「水平思考」というのは、論理思考が、要するに、垂直に論理を追っていく思考であるのに対して名付けられた思考法もので、いわゆる創造力が発揮されるとき、アイデアを生み出すときの思考法として知られる。

論理思考と水平思考の両方ができることが、できる人の条件だ。

で、B5サイズの図解シリーズにしたら、これが

238

すっごくいい!

前の本より断然いい!

ときどき、「ヒットの作り方」「売れる企画の立て方」「アイデアの生み出し方」みたいな講演を頼まれることのがあるのだけれど(そういえば、12月にも、某出版社様からご依頼を頂きました)、なんだ、これをテキストにすればよかった!

次のもくじをご覧いただければおわかりように、いわゆる「アイデアのつくりかた」、すなわち、

「常識を疑い、ルールを疑い、前提を疑い」

=つまり、「視点を変えて」、

異質なものの組み合わせから新しいものを生み出す

テクニックが、ひとつずつ事典のようにまとめられている。
私が、聞かれれば、答えること、フィードバックすることの多くも含まれるのだけれど、だからといって、わたしが、いつも、すべて、できているわけではない。

(できていたら、もっと会社はでかくなっているはずだ!!。。。。。)

というわけで、本書、デスクに一冊、家庭に一冊。
身近に置いておかれることを、本気でお勧めする。

なんだ、しってるわい、ということも多いと思いますが、
知っていることとできることは別なので。

身近において、ちょっとつまったときに、いつもめくってみることをお勧めするわけだ。

237

なお、各章の章末についている超難問クイズ、かつてグーグルなどの入社試験に出されるとして話題になったような有名クイズもあって、楽しい。
ご存じの方には、懐かしいかも。

また、パーソナルなアイデア創出虎の巻として十分役に立つだけでなく、
さらに会社やチームで新しいアイデア、改革案を出すときのためのワークの手法、ゲームも載っている。


ところで、ここで難問ではないけれど特別クイズです!

239

写真のように、有名な「ガラスのついたてがなくなっても、ついたてがあったときと同じように、限られた場所しか泳がなくなったカワカマス」。

あることをしたら、このカワカマスも、水槽全体をすいすい泳ぎ出しました。
さて、何をしたのでしょう?

正解者には、豪華なプレゼント!!

 

は、ありません。
けど、よろしかったら、コメントにて、お寄せ下さい!

女性アナウンサーに学ぶ、老若男女に好かれる方法 ●干場

先月、今月と、女性アナウンサーの方の本を出した。

まず、先月は、「はなまるマーケット」や「ズームイン!!SUPER」などの朝番組でもお馴染みの堤信子さんによる、

100人中99人に好かれる ありがとう上手の習慣

そして、今月は、

SBS静岡放送アナウンサーなどを経て、日経CNBCにて経済キャスターも務めた田中未花さんによる

1週間で知的で品があって親しみやすい美人に見せる方法

両者に共通するのは、女性アナウンサー、キャスターというのが、その性質上、老若男女に好かれる必要があること。

ただきれいなだけではなくて、知的で、かつ、親しみやすくなければいけない、ということ。

これは、一般人のわたしたちも大いに知りたいところ。
そして、いずれも、ちょっとしたしぐさ、言葉遣い、行為で、差がつくという。
それを具体的に伝授してくれているところが嬉しい。

田中未花さんの1週間美人(勝手に省略)のほうは、

1_image_230_311

1 姿勢
2 美容とファッション
3 発声
4 会話
5 マナー
6 持ちもの
7 内面磨き

と、確かに、これをマスターすれば、人生変わるかも!?
(編集担当の大竹の人生が変わったかどうかはわからない)

テレビカメラと視聴者からの何百万もの視線に磨かれた秘訣66が、余すことなく、披露されている。
これは、若い女性はもちろん、わたしのような昔若かった女性にも、お勧め!

それと就活生やお受験ママにも!?

10099_image_230_311

一方の堤信子さんの「ありがとう上手」(こちらも勝手に略してごめんなさい)のほうは、「ありがとう」を上手に伝える、つまり、感謝の気持ちを忘れず、それを上手に表現するだけで、みんなに好かれちゃうという、その「秘伝」を説く。
(こちらも、編集担当の大山が、その秘伝をマスターしたかどうかは知らない)

たとえば、友だちやお世話になった人と会うときは、お土産とお土産話を用意する。
手紙に小さなサプライズーたとえば美味しい紅茶のティーパックひとつーを忍ばせる。
季節の行事に合わせて、感謝の手紙や贈り物で、気持ちを伝える等々。

形だけ真似しようと思っても、これをするには、ほんとうに感謝の気持ちを日頃からいつも持っていないと、できないだろうな、と思わされる。
そして、先日のパーティで、実際にお会いした堤さんは、まったく気取ったところもえらぶったところもない、謙虚で、あったかくて、チャーミングな女性だった!!

100人中99人に好かれる、って、まあ、編集部がつけたタイトルだろうけれど、じゃあ、残り1人はどんなやつだ!?と突っ込みを入れたくなるくらい、素敵な女性だ。

あなたも堤さんに会いたくなった? 直接、その心とワザを伝授してほしくなった?

なら、朗報。ただし、関東の方でないと、難しいかも。

場所は、池袋リブロにて。
11月6日(水)19時より。

こちらからどうぞ!

2013年10月30日 (水)

やっぱり、「飾りじゃないのよ、涙は」。泣いたモン勝ち! ●干場

_1_image_230_311

「婚活」以来、「離活」「恋活」「終活」、、、さまざまな「〜活」が生まれているようだが、今いちばんホットなのは、これ。

「涙活」

さあ、泣こう!

というわけだが、考えてみたら、私もここ何年も泣いていない気がする。
DVDを観ながらひとり涙することは少なくないのだけれど、それも、この1年ぐらいないかも。

だいたいが、わたしは泣くのが苦手。というより、いわゆる「女の涙」には、まったく動じない。ほとんど嫌悪していると言ってもいいかもしれない。

というのも、わたしの3つ下の妹というのが、小学校に上がる前ぐらいまで、一日最低三回は泣いていた。
私が絡む場合は、必ず、私が母に叱られた。
そして、当の妹は、かげで舌を出していたりするわけである。

そのとき、「女の涙」は信じてはいけないと思った。
妹の泣き落としで、親や先生はだませても、わたしはその手には乗らない、と堅く誓った。

なんのことはない、自分がやりたくてもできない、からではあるが。。。。

それを見透かされているのだか、どうだか、数年前、グループの忘年会の芸で、中森明菜の「飾りじゃないのよ 涙は』を、生バンドをバッグに歌うように仰せつかった。

♫ 私は泣いたことがない。……わたし、泣いたりするのは嫌だとかんじてたーーー♫

ふうむ。
でも、ついでに言わせていただくと、男の涙、実はこれも苦手である。

甲子園とかで優勝したチームの選手が流す感激の涙、負けたチームの選手が流す悔し涙、
そういうのは、いいなぁ、と思う。
でも、弱さをさらけ出して、大の男が泣くのを見るのは、人間としてはいいけれど、
男性としては、、、、百年の恋も冷める。

まあ、私に恋されなくてもいいでしょうけど。。

とまあ、私みたいな人、少なくないかも。
ここ何年も泣いてない人。泣くのを我慢している人。多いみたい。

というわけで、

「涙活』なのだ!

「涙活」プロデューサーで、このたび、弊社から出版した

涙活 公式ガイドブック

寺井広樹さんによると、1か月に2,3分だけでも能動的に涙を流すことで、心のデトックスを図る活動、ということ。

寺井さんが毎月、泣ける映画、音楽、詩の朗読など、毎回テーマを変えて行っている涙活イベントには、20代の女性から70代のおじいちゃままで、老若男女が集い、素直に泣き、心を開き、そして、すっきりした表情で、帰って行くそうだ。

では、いったい、どんな小説、映画、マンガ、歌、スポーツ、アニメ、落語、絵本が、大人をしっかり泣かせてくれるのか?

というわけで、この「涙活 公式ガイドブック」では、各界のオーソリティが選ぶ「泣ける作品」全ジャンル、59タイトルを一挙紹介!

これは、重宝しますよ!

さらに、今東京で大注目の異色の書店 下北沢の B&B で、寺井さんによる特別涙活イベントも開催!

ゲストには、弊社の「家メシ道場」などでも知られるコラムニストの石原壮一郎さんらもお迎えし!

さあ、大いに泣こう!

ただ、、、、ごめんなさい。明日なんです。

  • 出演 _ 

    寺井広樹 (涙活プロデューサー)
    石原壮一郎(コラムニスト)
    松浦達也 (馬場企画代表)

  • 開催日時 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order

直前のご紹介でスミマセン。
まだ、席にゆとりがある様子。

こちらから、ふるってお申し込み下さいませ!

2013年8月25日 (日)

年収200万円の人も、貯金が1000万円以上ある人も。着実な投資を学びましょう! ●干場

今月の新刊の一つ、内藤忍さんの

1000_image_230_311

貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい

が売れている!

20代が多い弊社の営業スタッフや営業先の書店員さんは、貯金が1000万円もある人なんて、少ない!とか言って、うれを疑っていたみたいだけれど、45歳以降なら、そのくらいは貯めている家庭も少なくないはず。たとえ、ローンはあっても、それとは別に。

そして、そのくらいの層がいちばん、何もしていない。
と、読んだ。

だって、アベノミクス以降、また息を吹き返してきた投資本は、株式投資とかFXとかリートとか、いかにもお金に余裕のある人、あるいは、投資好きの人向け。
でも、大半のサラリーマンは、とりあえず、各行保証されている(?)1000万円まで、せっせとためて、放置している、というのが日本の実情だと思う。

で、このままいくと、日本はヤバイ、円だけで持っているのはヤバイ、銀行預金だけでは目減りするだけ……で、銀行の相談会みたいなのの案内がくると、出かけていって、銀行なら、だまされることはないだろうということで、銀行の言うままに。あるいは、結局、何もしないで、そのまま。。。

そういう人が大半だと思う。って、要するに、私のことだけど。。。

というわけで、マネックス証券の創業に参加。のちに、マネックスユニバーシティの代表を務め、いまは、資産デザイン研究所を設立して代表を務める内藤忍さんに、わたしのような人のための投資の本、作ってもらいました!

208

206

内藤さん曰く、投資の世界には、二つの鳥がいる。カモとサギ。
わたしは、(悪徳業者の)サギにはひっかからないつもりで、(銀行の)カモになっていた!と。。。


ちなみに、投資は基本、リスクとリターンで考えるわけで、

ローリスク・ローリターンが、預金。ハイリスク・ハイリターンが株式・FX。
中間が、債券。

210

で、ローリスク・ハイリターンを謳うのがサギ。
知らないうちに、ハイリスク・ローリターンの商品を買わされてしまうのがカモ。
この場合のリスクは、ハイコスト、といった方が正確。要するに、金融機関の手数料などが高く、売る側にとっては美味しい商品ということ。


ま、細かいことは、本書を読んでいただくとして、本書の優れた点は、資産別の投資ガイドブックとなっているところ。それも、インデックスファンドの分散投資を、ずっと以前から提唱している常識派の内藤さんならではの、着実な投資入門書となっている点です。

1)貯金1000万円未満→ 500万円をインデックスファンドで分散投資

2)貯金1000万円以上→ 日本株、外国株、国債、外国債券手間森、一部でワイン投資にチャレンジ

3)貯金3000万円以上→ 金融商品での運用は1000万円以下に。
先進国の海外不動産投資で攻める。

4)貯金1億円以上→ 金融商品は一部。半分以上を、先進国&新興国の海外不動産投資で、ハイリターン!

丁寧で易しい図解も豊富。そもそも貯金しっぱなしの投資ものぐさ、初心者にも、わかりやすい良書です! 売れているのがわかります。

日本国債、外国国債、REIT、FTF、FXなど、金融商品ごとに、内藤さんによる
リターン度、リスク度、難易度の4段階評価つきのわかりやすい説明も!


くわしいもくじは、こちらをご覧ください!

204

203

で、この本のいわばダイジェストとでも言える記事が、今週の週刊文春に!!

内藤さん寄稿の大きな特集になっています!!




200_image_230_311

さて、それでも、やっぱり1000万円なんてほど遠いという若いみなさまには、こちら! 6月出版のこの本があるでしょ!

NHKあさイチでもすっかりセミレギュラーのようになってしまわれた家計再生コンサルタントの横山光昭さん

年収200万円からの投資生活宣言』!

でも、基本は、内藤さんの1000万円以下の方へのガイドと同じだと言うことがわかります。

つまり、貯金の半分を投資に回す。最初は、インデックスファンドから。
そして、投資の基本も同じです。

①分けて散らす
②コツコツ積み立てる
③長い目で考える
④手数料を意識する

212

ただ、なにしろ年収200万円ですので、ワイン投資や不動産投資は厳禁!とのこと!
ま、当たり前ですね。

また、手数料の観点から、ネット証券会社への登録を勧めています。
わたしも、そうしよう!

ちなみに、内藤さんの「1000万円以上」の方向けの本の方でも、手数料のかからないネット証券をすすめ、その上手な使い方も書いてあります。ただ、ある程度の資金をお持ちの方には、パーソナルにフィナンシャルアドバイザーを雇うことも勧めています。すくなくとも、銀行の手数料より、総額が大きい分、ずっと安くつきます。

205

というわけで、年収200万円からの投資入門と、貯金1000万円からの投資入門、あなたはどちらで、投資を始めますか?

2013年8月12日 (月)

科学って面白い! 理系って素敵! リバネス若手研究者応援プロジェクトディスカヴァー・トゥエンティワン賞授賞! ●干場

ビジネス書大賞についでご紹介するのは、サイエンスの賞!
若手研究者のさまざまな支援活動、理科教育活動を行う、若手研究者たちの会社「リバネス」に協賛して設けた、リバネス若手研究者応援プロジェクトの「ディスカヴァー・トゥエンティワン賞」だ。

大賞の研究には、50万円とわずかながら、研究費を寄付させていただく。

数十社の日本を代表する技術系大企業と並んで、出版社としてはディスカヴァーだけが協賛している。
今年で三回目。

サイエンスシリーズを立ち上げたときに、リバネスの社長の丸さんを知り、会社の趣旨に賛同して、リバネスさんの応援の思いも込めて、参加を決めた。

技術系企業は、研究者の青田刈りの目的もあるだろうけれど、ディスカヴァーの場合は、研究費というより、出版の機会を提供する副賞のほうが大きいかもしれない。

そもそも、
技術ってすごい! 理系って素敵! 科学っておもしろい!
というなんとも軽いキャッチフレーズ(スミマセン)で、始めたディスカヴァー・サイエンス。

科学技術立国日本の行く末を案じてのことだったが、そのためには、科学者たちと一般の人たちとの間をうめる、というか、両者を繋ぐ必要があると、感じていた。
そのつなぎ手としての書籍を考えた。
欧米では、Ph.D.をもっている優れたサイエンスライターがたくさんいる(つまり、ご飯が食べられている)のに、日本には非常に少ない、ということもある。若手研究者の進路の一つにサイエンスライターを加えてほしいという思いもあった。

とはいえ、これまでの2回の賞では、研究費は差し上げたが、出版には至らなかった。やはり出すからには、売れるもの、つまり多くの人に読まれるものでないと、本来の目的を達成できないから。

で、今年が3回目だったわけだが、、、、なんと!
選びきれなくて、大賞はお一人だが、出版の機会の提供は、大賞受賞の方も含め、3名となった。

そのくらい、魅力的で、かつ、一般書を書く意欲に満ち、かつ、かけそうな方がいらしたからだ。なぜ、書けそうとわかったかというと、今回は、公開のプレゼン大会で、選ばさせていただいたからだ。

ディスカヴァー・トゥエンティワン賞に応募された100名近くの方というか研究を、2次に渡る書類審査で、6名に絞らさせていただき、その6名の方の最終審査を、公開セミナーともしたわけだ。

200

そのプレゼンを見れば、どの程度、一般の人に面白く伝えようとしているかが、わかる(それにしても、みなさん、ほんと、お上手で! 理系のイメージをいい意味で大きく裏切ってくださった。ほんと、2時間があっという間! 
ディスカヴァーのイベントは、どれも面白いけれど! これ、10指に入る面白さ! 来年も行う予定なので、今回、まったく興味を持たなかった皆さんも、ぜひ!!!)。

199

というわけで、写真は、ディスカヴァー・トゥエンティワン賞を差し上げた東工大助教の小宮健さん。

研究は、「光や化学物質を感じて移動するゼリー状ロボットの創製」。
小宮さんの凄いところは、そもそもの研究は、「生命とは何か?」「生物と無生物を分けるものは何か?」という大きな問いに、答えるためのものであったということ。
高校生の頃からの問いだそうだ。

そして、彼は、すばらしい仮説を持っている。その仮説をとりまくことが、本のテーマとなる。つまり、ゼリー状ロボットそのものの話ではない。
科学に関しては、素人の私達が選んだにしては、すごい大物をえらんだみたい、、、と、自慢したくなるような将来が楽しみな、研究者だ!

ちなみに、写真左端は、弊社の理系Ph.D.堀部。
堀部は、ディスカヴァーがサイエンスシリーズを立ち上げたのを知って、まさに、科学を一般に知らしめることで、社会に貢献しようと、弊社に応募してきて、3年前に入社と相成った(サイエンスシリーズを立ち上げた大きな成果!?)

198

次に、奨励賞として、
「○○を実現できる夢の素材 メタマテリアル」の雨宮智宏さん。やはり東工大の助教だ。
○○は、まだナイショ。おわかりの方にはおわかりでしょうが。


201

もうお一方、奨励賞は、まだ東大薬学部博士課程1年生の乗本裕明さん。池谷先生の直属のお弟子さんの模様。
こちらのテーマは、割と素人にもわかりやすい(?)。
「脳に秘められた潜在力」だ。
はたして、テレパシーは可能か? とか?


というわけで、いずれも、本になるときは、この研究そのものというより、関連する一般書。
おおーーー!と、読みたくなる本のタイトル、もう打ち合わせ済み。
でも、まだナイショ。発行は、来年4月を予定しているので、年明けぐらいに、おしらせしますね! 

はたして、ディスカヴァー初、サイエンスの10万部がこの中から生まれるか!?
はたまた、そもそも全部、発行までたどり着くのか?
どうぞ、お楽しみに!

それと、もし、若手研究者の方で、これをおよみになっている方がいらしたら、研究室とか大学に、リバネスを通じて、募集が行きます。来年の第4回に向けて、ふるって、ご応募くださいませ!!

ビジネス書大賞受賞作、もうお読みになりましたか? ●干場

夏は、いろんな「ディスカヴァー賞」が発表になる季節。
ご報告が遅くなってしまったが、7月から、次のような賞の授賞イベントを行ってきた。

まずは、こちらのブログでもご紹介の「第三回 ツイッター小説大賞」。
詳しくは、そのブログをご覧いただくとして、

次に、「第4回 ビジネス書大賞」!

こちらは、新刊JPのオトバンクさんといっしょに、2009年より(発表は2010年)から始めたもの。ビジネス書とビジネスパーソンのますますの発展に寄与することで、日本を元気にしよう!というものだ(考えてみたら、文藝の賞はやまのようにあるのに、ビジネス書の賞はほとんどなかった!)。

ディスカヴァーらしく、あくまでも読者目線で、全国の目利きのビジネス書担当書店さん、ビジネス雑誌や単行本短担当の編集者、ならびに、ブロガーなどビジネス書評家100名前後の審査員によってノミネートされた2012年1年間に出版されたビジネスジャンルの本から、審査委員会数名によって、大賞など各賞を選ぶ。

ちなみに、

第一回は、「ブラックスワン」(ダイヤモンド社)

第2回は、「ストーリーとしての競争戦略」(東洋経済新報社)「もしドラ」(ダイヤモンド社)

第3回は、「スティーブ・ジョブズ」「僕は君たちに武器を配りたい」(共に講談社)

そして、

51q5jtskeql_bo2204203200_pisitbstic

今回は、「ワークシフト」!(プレジデント社)

売上げ的には、「スタンフォードの自分を変える教室」(大和書房)が高く、票が割れたが、「スタンフォード〜」は自己啓発書に近く、ビジネスから世界に新しい視点をもたらすという観点から、現在の世界の変化を如実にあらわし、そのほかの書籍にも影響を与えてきた「ワークシフト」が、選ばれた。

なお、大賞以外に、その年その年の特徴を踏まえた、いくつかの特別賞も設けている。
例えば今年、「スタンフォード〜」は、「優秀ビジネス翻訳書賞」。
売上げ的には「スタンフォード〜」についだ弊社の「99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ」は「書店賞」(書店員さんからの投票では1位)、「新人賞」に「採用基準」。

詳しくは、こちらから、過去の受賞作一覧もご覧頂きたい。

193

さて、毎回、様々な形で授賞式を行ってきたが(第一回目は、記者の方々もおよびして、帝国ホテルで。第2回目は、式典はやらない代わりに、受賞の言葉などをまとめたムックを出して。第3回目は、審査委員でもある土井英司さんを中心に、ビジネス書について語るパネルディスカッションを開くと同時に、土井英司さんに「超ビジネス書講義」をご上梓いただいた。

194

195

そして今年は、大賞受賞者も優秀ビジネス翻訳書賞もさすがに海外の方、というわけで、
「99%」の河野英太郎さんと、去年の大賞受賞者の瀧本哲史さんに、昨年「入社1年目の教科書」で総合6位だった岩瀨太輔さんをゲストに迎え、ハーバードビジネスレビュー岩佐文夫

196

197

編集長の進行のもと、パネルディスカッションセミナーを、六本木アカデミーヒルズとのコラボで行った!

テーマは、「ビジネス書から見る これからの働き方

・組織と個人の働き方の関係について
・キャリアについて
・これからの日本の社会の働き方という点で期待すること
 

詳しくは、もうすぐサイトにアップされるレポートをご覧いただくとして、お三方が一応におっしゃっていたのは、キャリアというのは計画してその通りになるものではなく、ある意味、偶然、自分の想像以上に広がっていくものだということ。わたしがいつも言っていることでもあるので、そうだよな、こんな成功した人たちも言っているんだから!と、わが意を得たりな気持ちになったのである!

今回は、大賞受賞のリンダ・グラットンさん、「スタンフォードの〜」のケリー・マクゴニガルさん、ならびに、あいにく開場にはいらっしゃれなかった伊賀泰代さんからも、それぞれのテーマについてのそれぞれのお考えをビデオで寄せてくれた。お三方はもちろん、手配してくださった編集担当の方々にも感謝だ!

詳しい内容は、近く公開するので、お楽しみに!(担当の社長室山崎によると、いま、それぞれの著者の方々に、原稿チェックをしていただいているところだそう)

なお、今回の授賞イベントは、「ワンランク上をめざすビジネスパーソンの独習ガイド」著者であり、六本木アカデミーヒルズ、六本木ライブラリーをつくり代表を務める小林麻実さんのご尽力によるもの。こちらにも大いに感謝だ。

ちなみに、弊社の本は、今回は、書店賞を頂戴したわけだが、第1回には、神永正博さんの「不透明な時代を見抜く 統計思考力」で、ブロガー・マスコミ賞を頂戴している。
来年こそは、ぜひ、大賞を!!と、「経営戦略全史」はどうかな?と、秘かに(って、こんなところで喋ってる)狙っているのだけれど、主催者と言っても、というか、主催者だからこそ、かえってこれが難しいわけでして。。。。

2013年7月30日 (火)

結婚が近づく婚活・結婚が遠のく婚活 ●干場

あれから5年!

192

2008年、一世を風靡した『「婚活」時代』のあの二人(山田昌弘 中央大学教授+ジャーナリスト

白河桃子)が戻ってきました!
って、映画の宣伝か!?

『「婚活」症候群』


「婚活」産みの親の二人が語る、現代日本婚活の実態と、新しい処方箋です。

就職協定が撤廃され、就職の「自由化』とともに、現在のような過酷な(?)就職活動が必然となり、「就活」という言葉が生まれたように、
恋愛の「自由化」(婚前交渉は当たり前というか、この言葉がすでに死語。旅行しても同棲しても結婚しなくてもいい)とともに、結婚にも、就職活動と同様の積極的な活動が必要になってきた。結婚活動、すなわち、「婚活」が必要な時代に入ってきている。

就職、結婚という人生の大きなイベントが、とくになにも考えなくても自動的にできていたのが、自ら主体的に選択し、積極的に活動しなければ、達成できなくなった時代なのである。

というのが、『「婚活」時代』の趣旨でした。

ご存じの通り、それは、発売当初から大きな話題を呼び、取材やテレビドラマ化の話も多々。実際、NHKで「婚活・離活」というドラマとなり、「婚活」という言葉は、その年の流行語大賞にノミネートされました(ちなみに、その前年、著者の一人の山田昌弘教授は、「格差社会』でもノミネートされました)。

そして、婚活という言葉は、もはや普通名詞! 

(ちなみに、この言葉、弊社と山田先生で商標を登録しています。別に独占するためジャありません。最初、ひろまってほしいのでほおっておいたら、どこかの地方の結婚相談所の方が申請していることを発見。もし、申請が通ってその人が他者の私用を制限しようとすると、ほかの人(団体)がまったく使えなくなってしまう。そのため、特許庁に訴えて、こちらの取得としました。

 余談ですが、このように、独占するためではなく、関係ない誰かの独占を阻止するために、商標を登録することはよくあります。そういうことをしていなかったので、中国にいろいろ国際商標をとられてしまっているブランド、地名、ありますね!)

「今、婚活中なの」
という台詞が日常的に使われるようになりました。
それは、著者たちにとっても、私達にとっても、嬉しいことでした。
今では、信じられないのですが、この本が出るまでは、「結婚相手を積極的に探している」なんてことは、たとえそうであったとしても、はずかしくって人に言うべきことではない、という風潮だったからです。
わずか五年前のこととは信じられません。

でも、『「婚活」時代』の大ヒットは、いいことばかりではありませんでした。
マスコミなどでとりあげられるうちに、いつのまにか、言葉だけが一人歩きし、
「婚活=女性が、経済力のある男性ととにかく早く結婚するための活動」というイメージでとらえられるようになっていってしまったのです。

いってみれば、「わずかな(結婚に)いい男の奪い合い活動』です。

そして、それは、著者たちが本書を通じて訴えたかったことのいわば、真逆。
本当は、

男性の収入に依存する、昭和型結婚観から、脱皮しよう。

ということだったのですから。


というわけで、

第1章 「婚活」流行の背景と影響(山田)
第2章 「婚活」の誤解と限界(白河)
第3章 婚活の現実と格差 あきらめる男性、疲れる女性(山田)
第4章 限界を突破するには(白河)
第5章 婚活の社会的効用 少子化対策としての婚活(山田)
第6章 進化する婚活(白河)
第7章 地方の婚活、世界の婚活(山田+白河)

から成る本章は、「婚活」の流行の功罪を当事者二人がふりかえるとともに、結婚を望む人への新しい処方箋を、さまざまな調査をもとに説きます。

昭和の頭のままコンカツしても、結婚は遠のくばかり。
でも、平成頭にスイッチすれば、新しい未来が始まります!

『「婚活」時代』のときと同様、親御さんの世代にも多く売れているようですが、当事者のあなた、新しい婚活サービス、世界の動き、行政の支援など、個人的に知っておきたい情報も満載です。
ぜひ、ご一読を、お勧めします!

2013年7月26日 (金)

真剣にリヴィングウィルを用意しようと思わされた1冊 ●干場

_1_image_230_3111

相続税の改正を前に知っておきたいことをやさしく著した

子どもに迷惑かけたくなければ 相続の準備は自分でしなさい

(名古屋でいちばん売れているとか! さすが! 資産家の多い!?名古屋です!)

に続くシリーズ第2弾は、

子どもに迷惑かけたくなければ 死の迎え方は自分で決めておきなさい

好評です。

そりゃ、相続税対策が必要な人は、税法の改正によって増えるとは言え、世帯のまだ一部。でも、こちらは、いずれは死ぬ私達全員の課題、とくに、50を過ぎて親の最期に立ちあう、あるいは覚悟するようになるころから、多くの人が、自分のそれも、真剣に考え始めます。

_1_image_230_311

大往生したけりゃ医療とかかわるな」のヒットあたりから、また終末医療への関心が高まっていますが、実は私もそうで、夫や子どもには、わたしは延命治療はいらないからと、言ってはいますが、では具体的に、何をどのように意思表示しておくべきか?
そもそも、終末期医療には、どのようなものがあるのか? 
医師にはどのように希望を伝えるべきか? 
殺人罪に家族が問われないようにするにはどうしたらいいのか? 
一般に、どのような状態で私達は最期を向かえることになるのか?
自宅での最期は可能なのか? 
それにはどうしたらいいのか? 
などなど、詳しくはわかっていないことだらけ。

本書は、「99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ」等でもヒットを飛ばす石塚ならではの、ヒジョーにわかりやすい、基本見開き構成の編集で、私たちが、選択すべき終末期医療の項目について、挙げられています。

まず、死が迫ったときに、医師から選択を迫られる事柄について、ありがちな病気ごとにのべられています。

・ガンの場合
・脳卒中の場合
・肺炎の場合
・認知症の場合
・心不全の場合
・肝臓の病気の場合
・腎不全の場合
・植物状態の場合
・骨折の場合

延命治療については

・心臓マッサージ
・人工呼吸器の装着
・気管内挿管
・昇圧剤の投薬
・点滴による形式的な治療
・鼻腔栄養
・胃ろう

それぞれについて、わたしはこうしてほしい、というのを、リビングウィルシートにして、用意しておかなきゃ、と思った次第です。

あ、そういうシートもつければよかった? 付録に。

それにしても、北欧など、意味のない延命治療は患者への虐待行為とされている国もあるとか。そのあたりの考え方や医療のあり方を変えると、世界の長寿ランキングは、かわってくるのかもしれませんね。

2013年7月25日 (木)

夏休み、旅行の計画まだ、の方に。まだ間に合う旅の勧め ●干場

いよいよ夏休み!夏休みと言えば、旅。旅と言えば、海外。
というわけで、弊社でこの夏出版の旅にまつわる本、3冊ご紹介します。

175

176

まずは、5月発売で、予想以上に売れているのがこれ。

「自分の仕事をつくる旅 

〜グローバル時代を生き抜く「テーマのある旅」のススメ」


177

179

大手書店さんの旅のコーナーでは、結構目立つように展開してくださっているので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれない。

最初の企画名は、「履歴書に書ける旅」だった。

181

182

たしかに、ここ数年、新卒の採用面接をしていると、東南アジアや南米などの旅行の体験を語る人が増えてきた。数十ヵ国、それも開発途上国ばかりひとりで旅をしたという人も、一人や二人ではない。なぜか、女性に多いのだけれど。。。。

そこにさらに、「テーマ」をもって旅に出よう、というのがこの本。

183

184

国際貢献、途上国ビジネス等々、さまざまなテーマを持って旅をした若い人たちのレポートから、その具体的方法(情報収集法から具体的な持ちもの、スキル、連絡先まで)が、美しいカラーで、雑誌風に、これでもか、とばかりに満載の、じつはかなり贅沢な1冊だ。

この春から、編集部に異動した大竹がはじめて、企画から編集までを手がけた1冊でもある。その大竹の頑張りと、著者の成瀬勇樹さんのコンテンツの豊富さと情熱がなければ、できがらなかった1冊でもある。

見ているだけでも美しい。
何かしたくなる。

手間がかかっている割に、学生さんが主要ターゲットなので、価格は1500円と赤字覚悟で抑えてあるので、これは、この夏、これから行き先を考える人はもちろんのこと、このなつはとりあえず行かない人も、売り場から消えてしまう前に、ご入手されることをお勧めする!

あっ、こんなに写真・図版たっぷりだけど、キンドル版も出てますよ!

***

と、以上は、おもに10代、20代の方向けの旅行本。その親御さんの世代向けの本も、実は出している! 

で、こちらは、ヨーロッパ。それも、パリ。
パリなんて、もう行った、という方にこそ、お勧めの1冊。


190

「二度目のパリ。歴史歩き」

二度目でも三度目でも、あるいは、初めてでもいいのだけれど、こちらは、パリのビューポイントにまつわるエピソードが、豊富な写真と一緒に丁寧に、記されている。

絵画を、イヤホンを借りて、作品や作家、その時代背景などの説明を聞きながら見ると、ただ、感性だけで鑑賞するのとはまた違った味わいがあるように、オペラ座を見るにしても、その設立者の秘話、買い物をするにしてもココシャネルの生き様を知るだけで、旅の深みはぐっと増す。

そうした旅の味わい方をしたい大人のためのガイドブックだ。
(そういう意味では、若い娘にうんちくをたれたいおじさんにも向いているかも!?)

名所の案内も、普通の初心者向きのガイドブックにはないようなツーな場所も紹介されている。

189

188

の分、普通のホテルガイドやお土産ガイドはないので、初めての方がこれ1冊というのはお勧めしない。

二度目のパリというのは、二冊目のパリガイドブック、という意味でもある。。。

ところで、ここだけの話ですが(!?)、10月のフランクフルト(ブックフェア)のついでに、電車でパリに行く予定。そこで、パリ在住の女医さん、岩本先生と合流して、新企画の取材。

。。

どんな内容かというと、、、、うふふ。まだナイショ。岸恵子さんの「わりなき恋」(幻冬舎刊 後期高齢者の性愛と銘打った、まあ言ってしまえば、不倫小説)に触発された企画とだけ、申し上げておきましょう。。。


***

さてさて、旅にまつわるもう一冊は、じゃーん、このパネルをどうぞ!

A_31

8月12日発売!!

喜多川泰さんの最新作。その名も、

「ライフトラベラー 人生の旅人」

喜多川さんご自身によるものを中心に、美しいカラー写真を交えた、自己啓発小説。
今度のテーマは、人生と旅。

185

186

187

 

 

 

 

 

人生を変える旅に出ないか?

のキャッチ通り、人生を変える旅の秘密が、ちょっと不思議なストーリーとともに展開される。

あと、このストーリーには、ちょっとした仕掛けがある。最後まで読まないとわからないけれど。。。

それと、本書、TSUTAYAさんの協力を得て、全国TSUTAYAさんで先行販売中です。
一般発売は8月12日になります。

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と高校生の息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!