ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

お知らせ Feed

2017年6月14日 (水)

ディスカヴァーで2作目の100万部突破本が誕生●営業部 古矢

みなさんこんにちは。

営業部のFです。

2017年6月、遂にディスカヴァーで2作目の100万部突破本が誕生しました。

(イエェェイ!)

タイトルは『うまくいっている人の考え方』で、著者はアメリカの著述家ジェリー・ミンチントンです。 

書籍名も著者も知らないなーという方のほうが多いかもしれませんが、この表紙を見たら思い出していただけるかもしれません。

 

1_2

「あ、店頭で積まれているのを見た!」なんて方、実は結構いらっしゃいませんか?

「ボク、持ってますヨ!」なんて方もおいででしたらうれしいです。

20_2

こんな感じで、書店店頭で積み上げてご展開いただくことの多い1冊なのです。

 

今回の100万部突破は「結構特別」な事なのです。

3つのポイントでお知らせいたします。

①   100万部って「結構特別」

②   18年って「結構特別」

③   店頭ディスプレイが「結構特別」

 

① 100万部って「結構特別」

皆さんも「〇〇万部突破!」とか「たちまち〇〇万部!」と書いてある書籍帯や広告をご覧になったことはありませんか? 分かり易いですよね。それだけ沢山の方々に読まれているということが伝わる便利な指標です。

そんな中でやはり『100万部突破』は特別です。

現在、日本で1年間に出版される新刊はざっくり8万点前後といわれています。

そしてここ数年で100万部は年に1~2本出るかどうかでしたので、単純計算で新刊本が100万部を突破する確率は0.00001%程度と言えます。

0.00001%の壁を超えた1冊『うまくいっている人の考え方』!!

そう聞くと、このおじさんの背中がちょっと誇らしげにみえませんか?

1_9

② 18年って「結構特別」

実はこの『うまくいっている人の考え方』の初版が発売されたのは1999年、今から18年も前なのです。そんなに前に発行されたコンテンツが、今日まで書店さんにご展開いただき、沢山の方に読んでいただいている。これちょっと凄いです。

一般的な新刊本が世に出て、書店に並べてもらえる期間は大体3か月前後です。

書店さんの棚の大きさは一定ですから、次々に出る新刊に押し出されていきます。

(1年に新刊が8万点出るわけですから、1日換算約220点になります。凄いですね。)

特別に売れて追加発注、追加増刷となる本は、ほんの一握りでそれ以外の大半の本が最初の3か月程度で店頭から姿を消し、絶版書籍となっていきます。これが現実。

熾烈な店頭ポジション争いを18年間もくぐりぬけてきた選ばれし1冊『うまくいっている人の考え方』!! おじさん凄いですね。その顔は結構なドヤ顔かもしれません。(個人の感想です。)

1_10



③ 店頭ディスプレイが「結構特別」

出版社は、自社書籍の店頭での存在感を強めるため、様々なアイテムを製作します。

POPやパネルなどが中心で、手書きだったり印刷だったり色々です。

下記のような大きく分けて2つの方向から色々説明、アピールを行います。

・書籍を取り巻く外の情報

「有名人の〇〇〇が推薦!」とか「○○万部突破」などなど

・書籍の内容を抜き出して興味を引き付けるようなもの

「新事実〇〇は△△だった!?」「〇〇するには△△すればいい!?」などなど

そんな中にあって『うまくいっている人の考え方』の店頭ディスプレイは「結構特別」でした。

 

こちらをご覧ください。

3_4



『うまくいっている人の考え方』特別ディスプレイ(地球)です。

 

驚く事にこのデザインは、書籍の内容と何ら関係ないのです(!)

なぜこんなディスプレイをディスカヴァーは作成したのでしょうか?

きっかけは、当時の販売プロジェクト責任者Yの苦悩と思いつきでした。

 

『うまくいっている人の考え方』の著者は日本ではほぼ無名です。

推薦してくれる有名人も特に見当たりませんでした。

内容も長く手元に置きたいシンプルな教えで、人の目を引くようなビビットなものではありません。最初こそ良いのですが、2度3度とディスプレイデザインを変更していく中で必然的にネタ切れ感に突き当たります。

 「それでも・・・どうしても・・・手に取っていただく人を1人でも増やしたい。」

この本には、人を惹きつける力があります。

1度手に取りページをめくっていただければ、この本が持っているプラスのエネルギーを感じ取っていただける自信がYにはありました。 

「手に取ってもらいさえすれば・・・手に取ってもらいさえすれば・・・」

追い込まれた責任者Yがひねり出した手段が上記の地球でした。

「なんだか良くわからないけど目立つ」を狙った店頭ディスプレイだったのです。

「なんだよこれ、書籍と関係ないじゃないか・・・もっとあるだろうなんというか・・・」とYに販促プランの見直しを迫ったのを、私は今でも覚えています。

Yは頑なでした。「これでやらせてくれ」と。

2014年5月 地球型販促物の効果は絶大でした。

落ち始めていた売れ行きを見事にV字回復! さらにさらに2倍にまで押し上げました。

プロジェクト責任者Yのドヤ顔を昨日のことのように思い出します。

そしてこの地球の遺伝子をもつ「なんだか良くわからないけど目立つ」販促物は次々と増えました。

4_2

5_2

6_2

 

 

上から順番に宇宙、屏風、布です。

 

そのどれもが新しい読者にこの本を知ってもらうきっかけとして大活躍してくれました。

これらがなかったらきっと100万部到達は成しえなかったのではないかと思います。

 

なぜ地球だったのか

なぜ宇宙だったのか

なぜ屏風だったのか

なぜ紅白の布だったのか 

そこに意味はありません。

その代わりどんな手段をとってでも読者にこの本を届けたいという熱い営業魂がいっぱいに宿っています。

というわけで、100万部突破を記念して6月20日より順次

新しい店頭キャンペーンを開始します!

今回の特殊ディスプレイはフェニックスです!

8_2



このディスプレイにどんな意味が込められているか、いないのかは

皆様のご想像にお任せいたします。(ニヤリ)

さぁ皆様『うまくいっている人の考え方』、ちょっと読んでみたくなりませんか?

もし気になりましたら、お近くの書店さんに是非、足をお運びください。

あなたの少し前を走るあのおじさんはいつでもあなたが来るのを待っていてくれるはずです。

2015年7月 7日 (火)

ロンバケ・ビューティフルライフ脚本家北川悦吏子さん恋の詩集 他新刊情報●山崎

先々週発売になった新刊のご紹介です! ぜひチェックしてみてください。

新刊情報(6月25日発売)
[ビジネス]
スープを売りたければ、パンを売れ
山田まさる(著)
1,620円(税込)
大企業やトップブランドではないのに、なぜあのお店は繁盛しているのか? なぜあの商品は注目されるのか? ヒットの仕掛け人が教える“商売のヒント”。
【個人的な感想】 クノールカップスープなど、数々のヒット商品の仕掛け人。あの「ひたパン」「つけパン」キャンペーンが生まれた理由も。
[ビジネス]
インフォグラフィックで見る Apple, Google, Facebook, Amazon の買収戦略
荒川拓,櫻田潤(著) 
1,728円(税込)
インフォグラフィックで見れば一目瞭然! 話題のインフォグラフィック第一人者による「ネット四天王の成長の軌跡」。 その戦略の違いが浮き彫りに! NewsPicksの人気連載「ネット四天王のすべて」を書籍化。

【個人的な感想】
携帯をスクロールするように、縦に読む新しい本!わかりやすいです。

[携書]

初めての人のための資産運用ガイド

内藤忍(著) 
1,080円(税込)
銀行預金だけではもう足りない! お金は「つくる」時代です。きちんと学べばお金はふやせます。大人気の資産設計アドバイザーが教える、守り・殖やすための「黄金のルール」
【個人的な感想】 弊社スタッフがこれでお金が増えたそう。私も読み込みます…!
[携書]
萌え家電
大和田茂(著)
1,080円(税込)
家から脱走したルンバ、声に反応して家電を操作する初音ミク……
スペック重視の時代は終わった。ユーザーの「心」に訴える家電が未来を変える!
【個人的な感想】
「ルンバ 迷子」で検索すると結構出てきますね。かわいい、と思ってしまうのはそこに掃除機以上のなにかを見出してしまうんでしょうね。切り口がすっごく面白いです。
[詩集]
恋をしていた。
北川悦吏子(著)
1,512円(税込)
「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など、数々の名作ドラマを世に送り出した“恋愛の神様”がつづる、せつなく、鮮烈な恋の詩。 フォロワー11万人「空から降るツイート」ついに書籍化!
立ち読みPDFはこちら
【個人的な感想】 「そう、そうなの!」といいたくなるような詩ばかり。ぜひ立ち読みPDFご覧ください。
[高校生参考書]
直観で解く受験数学
三上慎司(著) 
1,620円(税込)
数学が「わかる」ようになるためには何をしたら良いだろうか? 問題集を解く? 証明を丁寧に追う? ……そうではなく、全体像と直観像をつかむこと。これこそ、数学が「わかる」ようになる近道なのである。

【個人的な感想】
社内の新刊紹介で、理系スタッフたちが盛り上がっていたのを覚えています。文系のスタッフへの説明は下記のようなものでした。

「まず、いくつかの山にまとめる。もちろん量によっては一山でもかまわない。設備がその場にないときには、次の段階としてどこか他の場所に行くことになる。そうでなければ、準備はできあがりである。たくさんやりすぎないことが大切である。つまり、一度にあまり多くの量をこなすくらいなら、少なめの量をこなすほうがよい。……(以下略)」

これは、つまり、実は「洗濯」の話をしているのだそう。それを、「洗濯」の話だと初めに聞いていれば、なんら難しいことはないですよね。そのように、この本では数学の教科書の堅苦しく分かりずらい説明を直観的なイメージで把握しようというもの。

[教育・学参]
読書感想文書き方ドリル 2015
大竹稽(著)
1,620円(税込)
佳作揃いの2015年小学校課題図書12冊を徹底分析、ハイレベルな感想文を書くために大切な「問いを立てる力」を徹底的に磨き上げます。
【個人的な感想】 私が小学校のときにこれがあれば、もっと文才を身につけられていたのではないかと思います、、、、。

気になるものはありましたか?
ご購入はお近くの書店、もしくはWEB書店、もしくは弊社HPにてどうぞー☆

2015年6月29日 (月)

続々反響『「学力」の経済学』、谷川俊太郎さんの絵本など新刊情報●山崎

6月17日に発売となった新刊のお知らせです。

発売後すぐにAmazonランキング上位、たちまち増刷が決定した『「学力」の経済学』をはじめ、谷川俊太郎さんの詩を絵本にした『うんこ』、そしてCRUNCH NOVELS新人賞大賞作家のデビュー作『青春ロボット』など、いい本たくさん出ました!


新刊情報(6月17日発売)
[ビジネス]
「学力」の経済学
中室牧子(著)
1,728円(税込)
「ゲームは子どもに悪影響?」「子どもはほめて育てるべき?」 「勉強させるためにご褒美で釣るのっていけない?」 思い込みで語られてきた教育に、科学的根拠が決着をつける!

【個人的な感想】これは、教育関係者&親御さん必読の書。今までの教育書って、経験や心理学から「ご褒美でつって勉強をさせてはいけない」など言われていたけど、この本では実験や数字を提示してどうすべきかを説明しています。子どものときのしつけや勉強法がその後のIQ、退学率、大人になってからの年収にどう影響するかなど。それが、今までの常識を覆すようなものが多いから面白い。子育てを控える友人全員に読んでほしいと思った1冊です。

[ビジネス]
女性活躍推進ハンドブック
清水レナ(著) 
1,620円(税込)
いよいよ女性活躍推進法案が成立し、一定の規模以上の会社では、「管理職に占める女性の割合を増やす」ことが義務づけられることになる。 企業はどう変わるべきか? そのポイントを具体的に理解できる1冊!

【個人的な感想】いま、「女性が働きやすい環境」というのは、時短や自宅作業が許されていたり、負担の小さい仕事を任されるような職場ではないでしょうか。でもそれでは本当に平等に活躍しているとは言えません。時間的制約のある中で、どう責任ある仕事を任せるのか、どう管理職としての職務を果たしてもらうのか、悩まれている経営者や人事の方にぜひお読みいただきたいです。

[携書]
中東特派員が見た イスラム世界と「イスラム国」の真実
荒木基(著) 
1,296円(税込)
たとえ「イスラム国」が消滅しても、イスラム世界と欧米世界との衝突を、もはや他人事とすることはできない。 「スンニ派」「シーア派」「カリフ」といったイスラムの基礎知識から、現地特派員だからこそ書ける、日本人人質事件の交渉の裏側まで。

【個人的な感想】日本人人質事件の裏側に、驚きました。後藤さん・湯川さんが拘束されていたときや、動画を取られていたとき、それを目撃していた人物のインタビューが載っているのです。中東に駐在しイスラム国を追っていたからこそわかる、本当のイスラム国の姿、そして、イスラム世界について。もう「他人事」ではありません。すべての人が知っておくべき情報のつまった1冊。

[携書]
財政破綻に備える 今なすべきこと
古川元久(著)
1,080円(税込)
1000兆円を超える規模にまで膨れ上がった財政赤字、すでに1945年の敗戦時を上回っている日銀のバランスシートに占める国債の割合、そして円安による輸入物価の上昇……。 近い将来の財政破綻や円暴落のリスクは、もはや回避不可能ではないかと思えるくらい高まっている。 私たちはその備えとして、何ができるのか? 

ベストセラー『資本主義の終焉と歴史の危機』著者、水野和夫氏推薦!
[絵本]
うんこ
谷川俊太郎(詩)塚本やすし(絵)
1,620円(税込)
うんこってなんだろう? 汚いもの? 嫌われもの? でも、ないと困る! 自分のなかから出て来る、この不思議な存在。 谷川俊太郎さんの詩「うんこ」が絵本になりました。
[フィクション]
青春ロボット
佐久本庸介(著) 
1,620円(税込)
「僕は人間じゃない。ロボットなんだ」ユーモアと優しさに満ちた、幻想的なタッチで描かれる青春小説。
第1回 CRUNCH NOVELS新人賞・大賞作家デビュー作。
[フィクション]
メンヘラ刑事 II
本田晴巳(著)
1,404円(税込)
自称メンヘラだが、東大出身のエリート刑事、梅林寺凜々子(ばいりんじりりこ)が現場復帰! シリーズ待望の第2弾!
[フィクション]
八月の底
円山まどか(著)なかやま(絵)
1,404円(税込)
彩はそのまま帰ってこなかった。じわりと湿気を孕んだ夏空の下で繰り広げられる、 たった一週間の物語。不穏な空気がじわりじわりと迫る、本格派サスペンス小説。

気になる本はありましたか? 書籍には30周年キャンペーンのチケットも入っておりますので、ぜひお手に取ってみてくださいねー☆

2015年3月23日 (月)

30周年プレゼントキャンペーン実施中●山崎

先日もお伝えしましたが、ディスカヴァーは今年で30周年!
ということで、30周年特設ページオープンしました!

30



見どころ3つあります!

1.祝30周年インタビュー

30周年を記念して、今までお世話になった著者のみなさま、書店のみなさまに動画メッセージをいただいています。
今アップされているのは、勝間和代さん、加藤ゑみ子さん、小宮一慶さん、上田渉さん、寄藤文平さんの5名です。
週に1回アップしているので、ぜひ定期的に見に来てくださいね。

2.プレゼントキャンペーン

A賞 LIFE×DISCOVER 限定オリジナルノート 100名様
B賞 著者が選ぶ名品セレクション 勝間和代さん 「セーラーボールペン 優美蒔絵」 2名様
C賞 著者が選ぶ名品セレクション 加藤ゑみ子さん 「ロッシャー・パピエル レターセット」 5名様
D賞 ディスカヴァーオリジナル図書カード 50名様

3ヶ月に1度プレゼントが変わります。今回の応募締切は4/30!

3.30周年社長ご挨拶

社長の干場のご挨拶文です。
たまに更新される予定です。


そしてそれから、今「30年のあゆみ」という、ディスカヴァーの30年を振り返るページも準備中。
更新したらまたお知らせしますね。

特設サイトへはこちらです ⇒ http://30th.d21.co.jp
ぜひチェックしてみてください―☆

2015年3月 9日 (月)

新卒採用2016エントリー開始!●山崎

2016年卒のための新卒採用が3月1日にスタートしましたね。
ディスカヴァーでもマイナビにてエントリーを開始しました!

かなり後ろ倒しになるということで、学生の皆さんも戸惑っているのではないでしょうか。
大変な時期ですが、ぜひ、楽しみながら頑張ってくださいね。
皆さんが自分に合う会社を見つけられるよう、心から応援しています!

その候補のひとつとして、ぜひディスカヴァーも見に来てみてくださいね。

なんでも楽しめるあなた、コンテンツで世の中を変えようと思っているあなた、好奇心旺盛なあなた、チャレンジ精神にあふれるあなたを待っています!

エントリーはこちらから ⇒ http://job.mynavi.jp/16/pc/search/corp71554/outline.html

みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。

<社長のメッセージ>(マイナビより転載)

Photo_2

ミリオンセラーとなった『超訳 ニーチェの言葉』、婚活ブームを創造した『「婚活」時代』、勝間和代さんを世に送り出した一連のビジネス書―― 総合出版社として歩んできた私どもディスカヴァー・トゥエンティワンは、常に新しいことにチャレンジし、これまで世の中になかった視点・切り口で本を創り出し、数多くのヒット作品を生み出してきました。


私たちの強みは60名弱のコンパクトな組織で、スピーディかつ柔軟に時代の変化を先取りしてきたこと。そして、取次を通さずに書店と直で取引する独特の営業スタイル。書店でのリアルな声を本作りに反映してきたことが、多くのファンを作り出し、受け入れられてきた理由だと実感しています。
また、電子書籍への参入、SNSでの情報発信も、出版業界ではどこよりも早く実践。新たなメディアへの感度の高さと取り組みの早さも当社の大きな武器となっています。

現在は「グローバル」をキーワードに、舞台を世界へと広げています。日本の書籍は、アジアをはじめ、ヨーロッパでも求められています。私どものベストセラーは中国などでも高い評価をいただいており、世界展開への手ごたえを感じています。

2015年、ディスカヴァーは30周年を迎えます。それにあたり、またまったく新しい企画を進めています。その骨子となるのは、フィクションへの本格的な参入です。これは入社2,3年目の社員の情熱と入念な事業計画の提案により実現しました。

当社は全員で企画を決めて、全員で売っていくという一体感のある組織ですから、積極的に周りを巻き込んで仕事を進めることで、若手のうちからプロジェクトの中心となることも可能です。主体的に行動できる人ならば、多くのチャンスを掴むことができるはずです。

現在、既存の出版という業態は大きな転換期を迎えています。しかし、コンテンツクリエイトとその発信・提供という機能は、ますます求められることはあっても、需要が失われていくことはありません。

当社の社名にあるDiscoverとは「覆い(cover)」を「はずす(dis)」という意味。これからの時代、あらゆることの既成概念や常識を取り払って行動していく必要があるでしょう。その中では、グローバル化はもちろん、コンテンツの360°活用、コンテンツプラットフォーマーとして、出版に留まらない新しいコンテンツ事業に挑戦していく姿勢を貫き通す考えです。


<取締役社長/干場 弓子>

2015年1月30日 (金)

おかげさまで30周年!!●山崎

みなさんこんにちは! 社長室の山崎です。

19852015

2015年が始まりましたね。(挨拶遅くてごめんなさい。。。)
ディスカヴァーが創業したのは1985年。実は今年で30周年を迎えます。

「意外と長い」という感想を持たれる方が多いみたいです。
みなさんは、いつ頃からディスカヴァーのことを知ってくださっていましたか?

業界でも珍しい直取引(取次さんという卸の会社を使わない、書店さんとの直接取引)でここまでやってこれましたのも、読者のみなさん、書店さん、著者のみなさん、関係者のみなさんがいてくださったからこそ。

みなさんに本当に感謝申し上げます。
いままで、ありがとうございました。これからも、どうぞよろしくお願いします。

30年振り返ってみると(私の記憶ではなく、先日のBook Barにて編集部の原に振り返ってもらいました)、ディスカヴァーってこんなこともやってきたのね!と驚くことがたくさんありました。

まず最初に売ったのは、実は本ではありませんでした。
ストレスをはかる「ストレスマネジメント・カード」。
そして石坂浩二さんがナレーターをしていたカセットテープ「リラクゼーション」。
それらを書店に展開することから始まったそうですよ。

9784887591851

その後、本を出そうと思った。でも著者がいない。ノウハウもない。
どうしたかというと、会長の伊藤守や社長の干場弓子が書きました。
そしてCDジャケットのデザイナーの知り合いにデザインを頼んだところ、CDサイズの本になりました。
それが、『この気持ち伝えたい』をはじめとする、CDサイズシリーズでした。
それまでにない変なサイズで、文字も少ない。最初は書店さんから嫌がられることが多かったみたいです。
この本は今では世界各国で翻訳され、日本でも累計30万部のベストセラーです。


9784924751583_2

それから、その次はどうしたか。国内に著者がいないから版権を買って翻訳をすればいいということで、『アインシュタイン150の言葉』を出しました。1997年のことです。
こちらは、女優さんなどにも愛読、ご紹介いただいて、とても売れました。
今でも絶版になっていない、ディスカヴァーの定番商品のひとつです。



9784799313282

『うまくいっている人の考え方』(1999年)もその流れで出版されたものですね。2012年に携書100冊記念として携書化しました。
これは携書版も含めたらなんと78万部。




9784799314944_2

2003年、ディスカヴァーは手帳を出しました。『夢をかなえる人の手帳』。
これ、実はとっても画期的だったんです。
出版社が“著者のいるコンテンツ手帳”を出したのは、この手帳が最初でした。
ビニールカバーの中にはずせる紙の表紙(帯)がはいっているこの形も、この手帳が初めて。

今ではスタンダードになっていますよね。

夢をかなえる人の手帳』は今年で12年目を迎えました。
言わずと知れたロングセラーです。

9784887594425今、よく「ビジネス書版元」と言われることが多いのですが、そういう認識が広まってきたのは、2007年、2008年頃のこと。この頃に話題になったのが、「ミリオネーゼシリーズ」。女性の営業スタッフが「女性向けのビジネス書が欲しい」と提案して、が始まったシリーズです。

今では女性ビジネス書コーナーは当たり前になっていますが、この頃は「そんなの売れない」と言われることも多かったんですって。

そしてこのシリーズがきっかけで本を出していただいたのが、みなさんご存知の勝間和代さんです。勝間さんの処女作(絶版)は実はうちからでています。(今でも買える携書版はこちら)

9784887596238

そしてもう一つ特筆したいのは、『「婚活」時代』。この本がきっかけとなり、「婚活」という言葉が世に広まったんですよ。


意外と、すごい歴史を持っているんです、ディスカヴァー。

よく社長の干場が言うのは、やり方を知らなかったから、常識破りのことをしてきた、ということです。
出版業界はこうだから、書店はこうだから、本ってこういうものだから、、、そんな既成概念が初めからなかったのが良かったのだと思います。
知ってしまったことも多いけれど、「常識破り」というスタンスはこれからも一緒です。
「紙にこだわらない 日本語にこだわらない 文字にこだわらない」という理念を掲げ、
常識にとらわれず世界を「Discover」していきたいと思っています。


さて、自慢話はこのくらいにして、今年は30th yearということで、いろいろやっちゃいますよ!

まず、もう少しで特設サイトオープンします。
それから、プレゼントキャンペーン、メッセージ動画公開、新シリーズ立ち上げ、読者感謝祭など、たっくさん企画しています。

また随時この場でもご報告するので、ぜひみてみてくださいね。
今年はブログももう少し活性化させるぞ!と意気込んでおりますので、頻繁に訪れていただけると嬉しいです。

2012年7月24日 (火)

【電子書籍】iPhone ビューワ「Discover 21」ver1.1 に不具合が発生しております

ディスカヴァーの電子書籍をご利用いただいている皆様へ

平素より弊社サービスを、ご愛顧いただき誠にありがとうございます。
ディスカヴァーより重要なお知らせがございます。

■お知らせ

本日AppStoreより配布されているiPhoneビュワー「Discover21」ver1.1にて、
一時的にログインできなくなる不具合が発生しております。
次回の更新までアップデートを見合わせていただけますようお願い申し上げます。
ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

※ビューワアプリのアップデートをかけなければいままで通りお読みいただけます。
※PC、アンドロイドビューワに関しましては問題なくご利用いただけます。

■再アップデートについて

不具合が修正され、正しいアプリが更新された際には、
随時当ブログ、twitter、Facebookページよりお知らせいたします。
ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。

すでにアップデートされてアプリの動作に不具合のあるお客様は
以下のURLよりお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。
https://www.d21.co.jp/contact/personal

■これから電子書籍のご購入をされるお客様へ

現在、iPhone ビューワ「Discover 21」はAppStoreよりダウンロードできなくなっております。しばらくお待ちください。

今回のアップデートにて、ご不便をおかけしましたお客様に改めてお詫び申し上げます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

2010年8月17日 (火)

ディスカヴァーの本が書店で買えない!?ご注文方法のご案内 ●大竹

書店さんでディスカヴァーの本を注文しようとすると・・・

「ディスカヴァーの本はうちは置いてないよ」
「あー、これは直販の本だから、取り寄せられません」

と、言われたことのある方、いらっしゃいませんか?

Photo_2  ディスカヴァーは、取次(トーハンさん、日販さんなど)と呼ばれる問屋を通さず、
直接書店さんに本をお届けする直取引(ちょくとりひき)を行っています。

一店舗一店舗お取引のご契約をいただき、営業が書店さまにご提案して、
店頭に本を置いていただき、読者の皆様にお届けしています。

取次さん経由ではないので、全国すべての書店さんとはお取り引きがありません。
お取り引きがあるのは、全国書店約15000店のうち上位約4500店ほどです。

が、お取引のない書店さんでも、レジなどで注文していただければ、1週間~10日程度でお取り寄せできます。

ただし、書店さんによっては、冒頭のように「できない」とおっしゃる場合があります。(なかには、取引があるのに、自分が知らないから、あるいは、取次さんのデータしか入っていない検索サイトを見て、うちは置いていない、と思ってしまう店員さんもいらっしゃるかもしれません。アルバイトなどで慣れないと、そういうことも考えられます)

その場合、2つの理由が考えられます。

①取り寄せできることを知らない
②経理上の都合等で、直取引は一切できないことになっている

ですので、ディスカヴァーの本を注文して「取り寄せできない」と言われてしまったら、
まずは①の可能性があるので、「取引がなくても取り寄せできるらしいですよ」と言ってください。
それでもできないとおっしゃる場合は、②の理由と思われますので、大変申し訳ないのですが、そのお店ではあきらめてください。

その場合、ディスカヴァーにお電話いただければ、お客様の最寄りの取引書店さんをご案内させていただきます。

お電話番号は、下記の通りです。
03-3237-8345(営業部直通)

↑書店さまからのご注文もこちらにどうぞ!

読者の皆さまにはひと手間おかけしてしまい、大変恐縮ですが、できるだけ多くの方に本を届けたいと思っております。

どうぞよろしくお願い致します!

※その他、もちろんWEB書店でもご購入いただけます。
Amazon.co.jp http://www.amazon.co.jp/
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/book/
ブックサービス http://www.bookservice.jp/
bk1 http://www.bk1.jp/
セブンネットショッピング http://www.7netshopping.jp/books/

2009年2月13日 (金)

ブログURL変更のお知らせ

重要なお知らせ

いつもディスカヴァー社長室ブログをご愛読くださいまして誠にありがとうございます。
このたび、ブログのリニューアルに伴いまして、URLを変更することとなりました。
新しいURLはこちらになります。(アクセス可能です)
http://d21blog.jp/discover/

3/5以降、現在のURLは使用できなくなります。
RSSの登録、ブックマークの登録をしてくださっている方は、大変恐れ入りますが、
再登録のお願いをいたします。
また、URL変更に伴い、過去の記事のURLもすべて変更となります。
リンクを張ってくださっている方には大変お手数をおかけしますが、リンク先の変更をお願いできれば幸いに存じます。

今後ともディスカヴァー社長室ブログをどうぞよろしくお願いします。

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!