ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

お知らせ Feed

2017年6月14日 (水)

ディスカヴァーで2作目の100万部突破本が誕生●営業部 古矢

みなさんこんにちは。

営業部のFです。

2017年6月、遂にディスカヴァーで2作目の100万部突破本が誕生しました。

(イエェェイ!)

タイトルは『うまくいっている人の考え方』で、著者はアメリカの著述家ジェリー・ミンチントンです。 

書籍名も著者も知らないなーという方のほうが多いかもしれませんが、この表紙を見たら思い出していただけるかもしれません。

 

1_2

「あ、店頭で積まれているのを見た!」なんて方、実は結構いらっしゃいませんか?

「ボク、持ってますヨ!」なんて方もおいででしたらうれしいです。

20_2

こんな感じで、書店店頭で積み上げてご展開いただくことの多い1冊なのです。

 

今回の100万部突破は「結構特別」な事なのです。

3つのポイントでお知らせいたします。

①   100万部って「結構特別」

②   18年って「結構特別」

③   店頭ディスプレイが「結構特別」

 

① 100万部って「結構特別」

皆さんも「〇〇万部突破!」とか「たちまち〇〇万部!」と書いてある書籍帯や広告をご覧になったことはありませんか? 分かり易いですよね。それだけ沢山の方々に読まれているということが伝わる便利な指標です。

そんな中でやはり『100万部突破』は特別です。

現在、日本で1年間に出版される新刊はざっくり8万点前後といわれています。

そしてここ数年で100万部は年に1~2本出るかどうかでしたので、単純計算で新刊本が100万部を突破する確率は0.00001%程度と言えます。

0.00001%の壁を超えた1冊『うまくいっている人の考え方』!!

そう聞くと、このおじさんの背中がちょっと誇らしげにみえませんか?

1_9

② 18年って「結構特別」

実はこの『うまくいっている人の考え方』の初版が発売されたのは1999年、今から18年も前なのです。そんなに前に発行されたコンテンツが、今日まで書店さんにご展開いただき、沢山の方に読んでいただいている。これちょっと凄いです。

一般的な新刊本が世に出て、書店に並べてもらえる期間は大体3か月前後です。

書店さんの棚の大きさは一定ですから、次々に出る新刊に押し出されていきます。

(1年に新刊が8万点出るわけですから、1日換算約220点になります。凄いですね。)

特別に売れて追加発注、追加増刷となる本は、ほんの一握りでそれ以外の大半の本が最初の3か月程度で店頭から姿を消し、絶版書籍となっていきます。これが現実。

熾烈な店頭ポジション争いを18年間もくぐりぬけてきた選ばれし1冊『うまくいっている人の考え方』!! おじさん凄いですね。その顔は結構なドヤ顔かもしれません。(個人の感想です。)

1_10



③ 店頭ディスプレイが「結構特別」

出版社は、自社書籍の店頭での存在感を強めるため、様々なアイテムを製作します。

POPやパネルなどが中心で、手書きだったり印刷だったり色々です。

下記のような大きく分けて2つの方向から色々説明、アピールを行います。

・書籍を取り巻く外の情報

「有名人の〇〇〇が推薦!」とか「○○万部突破」などなど

・書籍の内容を抜き出して興味を引き付けるようなもの

「新事実〇〇は△△だった!?」「〇〇するには△△すればいい!?」などなど

そんな中にあって『うまくいっている人の考え方』の店頭ディスプレイは「結構特別」でした。

 

こちらをご覧ください。

3_4



『うまくいっている人の考え方』特別ディスプレイ(地球)です。

 

驚く事にこのデザインは、書籍の内容と何ら関係ないのです(!)

なぜこんなディスプレイをディスカヴァーは作成したのでしょうか?

きっかけは、当時の販売プロジェクト責任者Yの苦悩と思いつきでした。

 

『うまくいっている人の考え方』の著者は日本ではほぼ無名です。

推薦してくれる有名人も特に見当たりませんでした。

内容も長く手元に置きたいシンプルな教えで、人の目を引くようなビビットなものではありません。最初こそ良いのですが、2度3度とディスプレイデザインを変更していく中で必然的にネタ切れ感に突き当たります。

 「それでも・・・どうしても・・・手に取っていただく人を1人でも増やしたい。」

この本には、人を惹きつける力があります。

1度手に取りページをめくっていただければ、この本が持っているプラスのエネルギーを感じ取っていただける自信がYにはありました。 

「手に取ってもらいさえすれば・・・手に取ってもらいさえすれば・・・」

追い込まれた責任者Yがひねり出した手段が上記の地球でした。

「なんだか良くわからないけど目立つ」を狙った店頭ディスプレイだったのです。

「なんだよこれ、書籍と関係ないじゃないか・・・もっとあるだろうなんというか・・・」とYに販促プランの見直しを迫ったのを、私は今でも覚えています。

Yは頑なでした。「これでやらせてくれ」と。

2014年5月 地球型販促物の効果は絶大でした。

落ち始めていた売れ行きを見事にV字回復! さらにさらに2倍にまで押し上げました。

プロジェクト責任者Yのドヤ顔を昨日のことのように思い出します。

そしてこの地球の遺伝子をもつ「なんだか良くわからないけど目立つ」販促物は次々と増えました。

4_2

5_2

6_2

 

 

上から順番に宇宙、屏風、布です。

 

そのどれもが新しい読者にこの本を知ってもらうきっかけとして大活躍してくれました。

これらがなかったらきっと100万部到達は成しえなかったのではないかと思います。

 

なぜ地球だったのか

なぜ宇宙だったのか

なぜ屏風だったのか

なぜ紅白の布だったのか 

そこに意味はありません。

その代わりどんな手段をとってでも読者にこの本を届けたいという熱い営業魂がいっぱいに宿っています。

というわけで、100万部突破を記念して6月20日より順次

新しい店頭キャンペーンを開始します!

今回の特殊ディスプレイはフェニックスです!

8_2



このディスプレイにどんな意味が込められているか、いないのかは

皆様のご想像にお任せいたします。(ニヤリ)

さぁ皆様『うまくいっている人の考え方』、ちょっと読んでみたくなりませんか?

もし気になりましたら、お近くの書店さんに是非、足をお運びください。

あなたの少し前を走るあのおじさんはいつでもあなたが来るのを待っていてくれるはずです。

2015年7月 7日 (火)

ロンバケ・ビューティフルライフ脚本家北川悦吏子さん恋の詩集 他新刊情報●山崎

先々週発売になった新刊のご紹介です! ぜひチェックしてみてください。

新刊情報(6月25日発売)
[ビジネス]
スープを売りたければ、パンを売れ
山田まさる(著)
1,620円(税込)
大企業やトップブランドではないのに、なぜあのお店は繁盛しているのか? なぜあの商品は注目されるのか? ヒットの仕掛け人が教える“商売のヒント”。
【個人的な感想】 クノールカップスープなど、数々のヒット商品の仕掛け人。あの「ひたパン」「つけパン」キャンペーンが生まれた理由も。
[ビジネス]
インフォグラフィックで見る Apple, Google, Facebook, Amazon の買収戦略
荒川拓,櫻田潤(著) 
1,728円(税込)
インフォグラフィックで見れば一目瞭然! 話題のインフォグラフィック第一人者による「ネット四天王の成長の軌跡」。 その戦略の違いが浮き彫りに! NewsPicksの人気連載「ネット四天王のすべて」を書籍化。

【個人的な感想】
携帯をスクロールするように、縦に読む新しい本!わかりやすいです。

[携書]

初めての人のための資産運用ガイド

内藤忍(著) 
1,080円(税込)
銀行預金だけではもう足りない! お金は「つくる」時代です。きちんと学べばお金はふやせます。大人気の資産設計アドバイザーが教える、守り・殖やすための「黄金のルール」
【個人的な感想】 弊社スタッフがこれでお金が増えたそう。私も読み込みます…!
[携書]
萌え家電
大和田茂(著)
1,080円(税込)
家から脱走したルンバ、声に反応して家電を操作する初音ミク……
スペック重視の時代は終わった。ユーザーの「心」に訴える家電が未来を変える!
【個人的な感想】
「ルンバ 迷子」で検索すると結構出てきますね。かわいい、と思ってしまうのはそこに掃除機以上のなにかを見出してしまうんでしょうね。切り口がすっごく面白いです。
[詩集]
恋をしていた。
北川悦吏子(著)
1,512円(税込)
「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など、数々の名作ドラマを世に送り出した“恋愛の神様”がつづる、せつなく、鮮烈な恋の詩。 フォロワー11万人「空から降るツイート」ついに書籍化!
立ち読みPDFはこちら
【個人的な感想】 「そう、そうなの!」といいたくなるような詩ばかり。ぜひ立ち読みPDFご覧ください。
[高校生参考書]
直観で解く受験数学
三上慎司(著) 
1,620円(税込)
数学が「わかる」ようになるためには何をしたら良いだろうか? 問題集を解く? 証明を丁寧に追う? ……そうではなく、全体像と直観像をつかむこと。これこそ、数学が「わかる」ようになる近道なのである。

【個人的な感想】
社内の新刊紹介で、理系スタッフたちが盛り上がっていたのを覚えています。文系のスタッフへの説明は下記のようなものでした。

「まず、いくつかの山にまとめる。もちろん量によっては一山でもかまわない。設備がその場にないときには、次の段階としてどこか他の場所に行くことになる。そうでなければ、準備はできあがりである。たくさんやりすぎないことが大切である。つまり、一度にあまり多くの量をこなすくらいなら、少なめの量をこなすほうがよい。……(以下略)」

これは、つまり、実は「洗濯」の話をしているのだそう。それを、「洗濯」の話だと初めに聞いていれば、なんら難しいことはないですよね。そのように、この本では数学の教科書の堅苦しく分かりずらい説明を直観的なイメージで把握しようというもの。

[教育・学参]
読書感想文書き方ドリル 2015
大竹稽(著)
1,620円(税込)
佳作揃いの2015年小学校課題図書12冊を徹底分析、ハイレベルな感想文を書くために大切な「問いを立てる力」を徹底的に磨き上げます。
【個人的な感想】 私が小学校のときにこれがあれば、もっと文才を身につけられていたのではないかと思います、、、、。

気になるものはありましたか?
ご購入はお近くの書店、もしくはWEB書店、もしくは弊社HPにてどうぞー☆

2015年6月29日 (月)

続々反響『「学力」の経済学』、谷川俊太郎さんの絵本など新刊情報●山崎

6月17日に発売となった新刊のお知らせです。

発売後すぐにAmazonランキング上位、たちまち増刷が決定した『「学力」の経済学』をはじめ、谷川俊太郎さんの詩を絵本にした『うんこ』、そしてCRUNCH NOVELS新人賞大賞作家のデビュー作『青春ロボット』など、いい本たくさん出ました!


新刊情報(6月17日発売)
[ビジネス]
「学力」の経済学
中室牧子(著)
1,728円(税込)
「ゲームは子どもに悪影響?」「子どもはほめて育てるべき?」 「勉強させるためにご褒美で釣るのっていけない?」 思い込みで語られてきた教育に、科学的根拠が決着をつける!

【個人的な感想】これは、教育関係者&親御さん必読の書。今までの教育書って、経験や心理学から「ご褒美でつって勉強をさせてはいけない」など言われていたけど、この本では実験や数字を提示してどうすべきかを説明しています。子どものときのしつけや勉強法がその後のIQ、退学率、大人になってからの年収にどう影響するかなど。それが、今までの常識を覆すようなものが多いから面白い。子育てを控える友人全員に読んでほしいと思った1冊です。

[ビジネス]
女性活躍推進ハンドブック
清水レナ(著) 
1,620円(税込)
いよいよ女性活躍推進法案が成立し、一定の規模以上の会社では、「管理職に占める女性の割合を増やす」ことが義務づけられることになる。 企業はどう変わるべきか? そのポイントを具体的に理解できる1冊!

【個人的な感想】いま、「女性が働きやすい環境」というのは、時短や自宅作業が許されていたり、負担の小さい仕事を任されるような職場ではないでしょうか。でもそれでは本当に平等に活躍しているとは言えません。時間的制約のある中で、どう責任ある仕事を任せるのか、どう管理職としての職務を果たしてもらうのか、悩まれている経営者や人事の方にぜひお読みいただきたいです。

[携書]
中東特派員が見た イスラム世界と「イスラム国」の真実
荒木基(著) 
1,296円(税込)
たとえ「イスラム国」が消滅しても、イスラム世界と欧米世界との衝突を、もはや他人事とすることはできない。 「スンニ派」「シーア派」「カリフ」といったイスラムの基礎知識から、現地特派員だからこそ書ける、日本人人質事件の交渉の裏側まで。

【個人的な感想】日本人人質事件の裏側に、驚きました。後藤さん・湯川さんが拘束されていたときや、動画を取られていたとき、それを目撃していた人物のインタビューが載っているのです。中東に駐在しイスラム国を追っていたからこそわかる、本当のイスラム国の姿、そして、イスラム世界について。もう「他人事」ではありません。すべての人が知っておくべき情報のつまった1冊。

[携書]
財政破綻に備える 今なすべきこと
古川元久(著)
1,080円(税込)
1000兆円を超える規模にまで膨れ上がった財政赤字、すでに1945年の敗戦時を上回っている日銀のバランスシートに占める国債の割合、そして円安による輸入物価の上昇……。 近い将来の財政破綻や円暴落のリスクは、もはや回避不可能ではないかと思えるくらい高まっている。 私たちはその備えとして、何ができるのか? 

ベストセラー『資本主義の終焉と歴史の危機』著者、水野和夫氏推薦!
[絵本]
うんこ
谷川俊太郎(詩)塚本やすし(絵)
1,620円(税込)
うんこってなんだろう? 汚いもの? 嫌われもの? でも、ないと困る! 自分のなかから出て来る、この不思議な存在。 谷川俊太郎さんの詩「うんこ」が絵本になりました。
[フィクション]
青春ロボット
佐久本庸介(著) 
1,620円(税込)
「僕は人間じゃない。ロボットなんだ」ユーモアと優しさに満ちた、幻想的なタッチで描かれる青春小説。
第1回 CRUNCH NOVELS新人賞・大賞作家デビュー作。
[フィクション]
メンヘラ刑事 II
本田晴巳(著)
1,404円(税込)
自称メンヘラだが、東大出身のエリート刑事、梅林寺凜々子(ばいりんじりりこ)が現場復帰! シリーズ待望の第2弾!
[フィクション]
八月の底
円山まどか(著)なかやま(絵)
1,404円(税込)
彩はそのまま帰ってこなかった。じわりと湿気を孕んだ夏空の下で繰り広げられる、 たった一週間の物語。不穏な空気がじわりじわりと迫る、本格派サスペンス小説。

気になる本はありましたか? 書籍には30周年キャンペーンのチケットも入っておりますので、ぜひお手に取ってみてくださいねー☆

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!