ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

« 2017年3月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月26日 (月)

イベントのご報告&開催のお知らせ●倉田

気が付けば6月ももう終わりですね。

少し前ですが、5月に開催した素敵なイベント2件をご紹介したいと思います。

5月12日
Discover Book Bar~今日は、自分を甘やかす~

まずは、定例のBook Barを開催しました。
ゲストスピーカーは大好評発売中の『今日は、自分を甘やかす』の著者で人気ライターの夏生さえりさん。

さえりさんからあふれる素敵オーラで、ディスカヴァーのロビーが華やかに…!

Photo_6

_001_15_6

_000_45_6

たくさんの方がご参加くださり、大盛況のイベントでした。

表紙に合わせたブルーのカクテルもご用意♪

自分を甘やかす、楽しい時間をみなさんと過ごすことが出来ました。

5月25日
Discover Book College 世界初の人工知能教材Qubena(キュビナ)開発者に学ぶ、「未来を生き抜く力」

続いては、Book Collegeに『人工知能時代を生き抜く子どもの育て方』の著者、神野元基さんが登場!

Zinnkoutinou

世界初の人工知能教材Qubenaの開発者である神野さんから、せまりくる人工知能時代の生き方、変化する教育の現場についてなど幅広くお話しいただきました。
参加者の方からは多くの質問が寄せられ、白熱した質問タイムに。

Photo_7

仕事や教育の現場でも話題となっている人工知能時代。
あらためて考えさせられるとともに、迫りくる新時代にワクワクする内容でした。


さらに…
今後のイベントも続々決定しています!

6月30日(金)
自分の健康は自分でつくる!自分メンテナンス力UP講座

自分を大事にできる人は、セルフケアができている!
1 ウィーク セルフケアブック 自分の身体は自分治す』の出版を記念し、著者の山本華子さんによるワークショップを開催。ヨガ&フィットネス講師、健康&美容アドバイザーである山本さんが忙しい女性でも隙間時間でできる日常のセルフケアを伝授します。

1week

ゲスト:山本華子
日時:2017.6.30(金)19:00-21:00(開場18:30)
参加費:2,500円(事前カード払い)/3,000円(当日現金払い)
会場ディスカヴァー・トゥエンティワン


◆7月7日(金)
Discover Book Bar ~「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション~

今回のテーマは、“きょうだい型”。
たとえるなら、長子はA型のライオン、末っ子はO型の犬、中間子はAB型のカメレオン、一人っ子はB型のネコなんだとか…

Photo_8

ゲストスピーカーにはTVや雑誌で話題の『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち』の著者、五百田達成さん(末っ子)が登場!
ディスカヴァー社長の干場(長子)が聞き役となり、きょうだい型別のコミュニケーション法に迫ります。

ゲスト:五百田達成
日時:2017.7.7(金)19:00-21:00(開場18:30)
参加費:1,000円 (ワンドリンク付き)
会場ディスカヴァー・トゥエンティワン

みなさまのご参加お待ちしております♪

2017年6月14日 (水)

ディスカヴァーで2作目の100万部突破本が誕生●営業部 古矢

みなさんこんにちは。

営業部のFです。

2017年6月、遂にディスカヴァーで2作目の100万部突破本が誕生しました。

(イエェェイ!)

タイトルは『うまくいっている人の考え方』で、著者はアメリカの著述家ジェリー・ミンチントンです。 

書籍名も著者も知らないなーという方のほうが多いかもしれませんが、この表紙を見たら思い出していただけるかもしれません。

 

1_2

「あ、店頭で積まれているのを見た!」なんて方、実は結構いらっしゃいませんか?

「ボク、持ってますヨ!」なんて方もおいででしたらうれしいです。

20_2

こんな感じで、書店店頭で積み上げてご展開いただくことの多い1冊なのです。

 

今回の100万部突破は「結構特別」な事なのです。

3つのポイントでお知らせいたします。

①   100万部って「結構特別」

②   18年って「結構特別」

③   店頭ディスプレイが「結構特別」

 

① 100万部って「結構特別」

皆さんも「〇〇万部突破!」とか「たちまち〇〇万部!」と書いてある書籍帯や広告をご覧になったことはありませんか? 分かり易いですよね。それだけ沢山の方々に読まれているということが伝わる便利な指標です。

そんな中でやはり『100万部突破』は特別です。

現在、日本で1年間に出版される新刊はざっくり8万点前後といわれています。

そしてここ数年で100万部は年に1~2本出るかどうかでしたので、単純計算で新刊本が100万部を突破する確率は0.00001%程度と言えます。

0.00001%の壁を超えた1冊『うまくいっている人の考え方』!!

そう聞くと、このおじさんの背中がちょっと誇らしげにみえませんか?

1_9

② 18年って「結構特別」

実はこの『うまくいっている人の考え方』の初版が発売されたのは1999年、今から18年も前なのです。そんなに前に発行されたコンテンツが、今日まで書店さんにご展開いただき、沢山の方に読んでいただいている。これちょっと凄いです。

一般的な新刊本が世に出て、書店に並べてもらえる期間は大体3か月前後です。

書店さんの棚の大きさは一定ですから、次々に出る新刊に押し出されていきます。

(1年に新刊が8万点出るわけですから、1日換算約220点になります。凄いですね。)

特別に売れて追加発注、追加増刷となる本は、ほんの一握りでそれ以外の大半の本が最初の3か月程度で店頭から姿を消し、絶版書籍となっていきます。これが現実。

熾烈な店頭ポジション争いを18年間もくぐりぬけてきた選ばれし1冊『うまくいっている人の考え方』!! おじさん凄いですね。その顔は結構なドヤ顔かもしれません。(個人の感想です。)

1_10



③ 店頭ディスプレイが「結構特別」

出版社は、自社書籍の店頭での存在感を強めるため、様々なアイテムを製作します。

POPやパネルなどが中心で、手書きだったり印刷だったり色々です。

下記のような大きく分けて2つの方向から色々説明、アピールを行います。

・書籍を取り巻く外の情報

「有名人の〇〇〇が推薦!」とか「○○万部突破」などなど

・書籍の内容を抜き出して興味を引き付けるようなもの

「新事実〇〇は△△だった!?」「〇〇するには△△すればいい!?」などなど

そんな中にあって『うまくいっている人の考え方』の店頭ディスプレイは「結構特別」でした。

 

こちらをご覧ください。

3_4



『うまくいっている人の考え方』特別ディスプレイ(地球)です。

 

驚く事にこのデザインは、書籍の内容と何ら関係ないのです(!)

なぜこんなディスプレイをディスカヴァーは作成したのでしょうか?

きっかけは、当時の販売プロジェクト責任者Yの苦悩と思いつきでした。

 

『うまくいっている人の考え方』の著者は日本ではほぼ無名です。

推薦してくれる有名人も特に見当たりませんでした。

内容も長く手元に置きたいシンプルな教えで、人の目を引くようなビビットなものではありません。最初こそ良いのですが、2度3度とディスプレイデザインを変更していく中で必然的にネタ切れ感に突き当たります。

 「それでも・・・どうしても・・・手に取っていただく人を1人でも増やしたい。」

この本には、人を惹きつける力があります。

1度手に取りページをめくっていただければ、この本が持っているプラスのエネルギーを感じ取っていただける自信がYにはありました。 

「手に取ってもらいさえすれば・・・手に取ってもらいさえすれば・・・」

追い込まれた責任者Yがひねり出した手段が上記の地球でした。

「なんだか良くわからないけど目立つ」を狙った店頭ディスプレイだったのです。

「なんだよこれ、書籍と関係ないじゃないか・・・もっとあるだろうなんというか・・・」とYに販促プランの見直しを迫ったのを、私は今でも覚えています。

Yは頑なでした。「これでやらせてくれ」と。

2014年5月 地球型販促物の効果は絶大でした。

落ち始めていた売れ行きを見事にV字回復! さらにさらに2倍にまで押し上げました。

プロジェクト責任者Yのドヤ顔を昨日のことのように思い出します。

そしてこの地球の遺伝子をもつ「なんだか良くわからないけど目立つ」販促物は次々と増えました。

4_2

5_2

6_2

 

 

上から順番に宇宙、屏風、布です。

 

そのどれもが新しい読者にこの本を知ってもらうきっかけとして大活躍してくれました。

これらがなかったらきっと100万部到達は成しえなかったのではないかと思います。

 

なぜ地球だったのか

なぜ宇宙だったのか

なぜ屏風だったのか

なぜ紅白の布だったのか 

そこに意味はありません。

その代わりどんな手段をとってでも読者にこの本を届けたいという熱い営業魂がいっぱいに宿っています。

というわけで、100万部突破を記念して6月20日より順次

新しい店頭キャンペーンを開始します!

今回の特殊ディスプレイはフェニックスです!

8_2



このディスプレイにどんな意味が込められているか、いないのかは

皆様のご想像にお任せいたします。(ニヤリ)

さぁ皆様『うまくいっている人の考え方』、ちょっと読んでみたくなりませんか?

もし気になりましたら、お近くの書店さんに是非、足をお運びください。

あなたの少し前を走るあのおじさんはいつでもあなたが来るのを待っていてくれるはずです。

2017年6月 1日 (木)

LIFE meets BOOKSができるまで ●編集部 松石

ディスカヴァーが全社を挙げて開催する、一年で一番盛り上がるフェア。
それが、全点フェアです。

今年2017年は、
LIFE meets BOOKS
~本のある生活、本のある人生。~
をコンセプトに掲げ、例年を上回る規模で、全国の書店様で現在、絶賛開催中です。

1__5



ここでは、この「LIFE meets BOOKS」フェアができるまでの過程を追いつつ、フェアのコンセプトについてご紹介していきたいと思います。

 

 

フェアのコンセプトが決まるまで

 

最初にフェアチームがアサインされたのは、去年の10月末のこと。

入社4年目の同期である営業部・榊原をリーダーに、編集部、Webチーム、オペレーションの各部署を横断してフェアチームはめでたく結成されました。

2__2

松石と榊原。同期です。

フェアを作るときに最初にすべきことは、コンセプトの決定です。
どういう問題意識を持ち、フェアを通じてどんなふうに解決したいのか。
これを考えるのが、実はとても難しいのです。

ちなみにこれまでのフェアのコンセプトをここでご紹介しておくと

2010年:ディスカヴァーマルシェ
2011年:ブックマークワン・ジャパン
2012年:人生を最高に旅せよフェア
2013年:怪盗D君フェア
2014年:ミッションをクリアせよ!フェア
2015年:Discover 30th Anniversary フェア
2016年:それでも私は本を読むフェア
です。


毎年、フェアチームが練り上げてきた独創的なアイデアが全体会議の場で発表される瞬間は、わっと盛り上がります。

 

今年の全点フェアでも、何度も何度もブレストの場を設けて、ああでもない、こうでもないとウンウン唸りながら最終的に方向性のレベルで2案まで絞り、社長決裁を仰ぎに行きました。

 

そこで提案した方向性は、ざっくりいうとこんな感じです。 

A:とにかく目立つ販促物をつくって、書店の店頭で読者に足を止めてもらう。

B:出版業界全体を巻き込み、斜陽産業と言われる出版業界をV字回復させるきっかけとなるムーブメントを起こして、本好きを増やし、書店に人を呼び戻す。

 

……こうしてあらためて書いてみて率直に思うのは、

A案の捨て案感がすごいということでしょうか。

なんと言ったって、これでAかBかを選べと言われてBを選ばないスタッフなどいないのがディスカヴァー

直取引をはじめ、業界に新風を吹き込んできた自負のある出版社として、ただ店頭で目立てばいいなんて甘い考えで全点フェアをやるわけがありません。

 

そういうわけで、方向性はB案に即決。

そこから、具体的なキャッチコピーとビジュアルを作るまでの約半年間におよぶ壮絶なる血と汗と涙の闘いの物語が始まりますが、そんな苦労話はここでは省略して、最終的にこんな形にできあがりました。

 

***

 

3__2



LIFE meets BOOKS

本のある生活、本のある人生。

本は、いいものだ。

いくらインターネットが発達しようと、SNSが浸透しようと、本に代わるものは存在しない。

本は、私たちの生活を豊かにし、人生を豊かにしてくれる。

本に詰まっているのは、ただの情報ではない。たった1冊の本であっても、

ある一人の人間の人生を変えるかもしれない、大きな力が秘められている。

「ネットで十分」「本なんて退屈」と、あなたは言うかもしれない。けれどそれは、本の凄さをまだ知らないからだ。

読んだ瞬間にすっかり価値観が変わってしまうような、とてつもない発見に満ちた本に、

眠りたいのに眠らせてくれないような、とんでもなく面白い本に、あなたがまだ出会っていないからだ。

日々の生活に、自分の人生に、もの足りなさを感じているあなたへ。

今日の仕事帰りに、あるいは買い物先で。

書店に立ち寄って、一冊の本に出会ってみませんか。

本のある生活、本のある人生を、はじめてみませんか。

*** 

メインビジュアルができるまで

 

今回、販促物一式のデザインを、文芸書などの装丁をおもに手がけていらっしゃる

bookwall(ブックウォール)さんにご依頼しました。

また、bookwallさんからのご紹介で、キービジュアルとなるイラストを、イラストレーターの宮崎ひかりさんにお願いしました。

東松原にあるbookwallさんの事務所で、bookwallの松さん、築地さん、そして宮崎さんと私(松石)の4人で、2時間超の長時間にわたって、どんなビジュアルにしようか、白熱の議論を繰り広げました(というとやや大げさですが)。

そして、待つこと数週間。宮崎さんが送って下さったイラストラフのあまりの素敵さとあまりの完成度に、私も築地さんも大興奮。Gmailのスレッドが+4℃くらい上がります。

このイラストラフがあったおかげで、今回のフェアのビジュアルの最終形が一気に見えたのでした。

ビジュアルのコンセプトは、
10人の本好きが住まう本好きの家」

年齢も性別もバラバラの10人の老若男女が、本とともにあるそれぞれの生活を、ひとつ屋根の下で送っています。

店頭では、その10人がそれぞれの価値観を持ちながらおすすめの本を教えてくれるので、

読者は自分が親しみを覚えるキャラクターを見つけて、そのおすすめの本を手に取れば、高い確率でおもしろい本と出会える、という仕掛けになっています。

ちなみに、家のパーツはよく見ると本の部品になっているのも、お楽しみどころです。

なにより、宮崎さんが描いてくださった10人のキャラクターが本当に個性豊かで、思わずその背後にある物語を想像したくなります。

宮崎さんにイラストを描いていただく際、10人の年齢、職業、趣味などを設定していますが、あえてここには書きません。ぜひ、10人の物語を想像してみてください。

 

4_01_2




 

***

 

本好きを増やすための2大施策

 

そして、施策です。これが今回のフェアの最大の特徴と言っても過言ではありません。

今回、「出版業界全体を巻き込み、斜陽産業と言われる出版業界をV字回復させるきっかけとなるムーブメントを起こして、本好きを増やし、書店に人を呼び戻す」なんていう、風呂敷を広げすぎて破れそうなぐらい超絶壮大なミッションを掲げた以上、ただ単にフェアをやる(つまり、パネルやPOPなどの販促物をつくる)、だけでは不十分です。

普段のフェアではやらないような、いわば「アウトリーチ」活動が絶対に必要です。

そこでフェアチームが考え出したのは、「フリーペーパー」「トートバッグ」という2つの施策でした。

では、その心とは?

 

***

 

史上最強に情報が詰まった
「本好きにさせる」フリーペーパー

 

フリーペーパーは、(紙の)本をもっと好きになってもらうための施策です。

いわば、「読めば本が好きにならずにはいられない」フリーペーパー。

これを、書店店頭に置いたりWebで配布したりすることで、読んだ人の読書熱を再燃させることが狙いです。

 

そのミッションを最高の形で遂行すべく、フリーペーパー制作班を結成。

ここでもまた、どんなコンテンツを載せようかウンウン唸るブレストをして、メンバーが考え出したのは以下のようなものでした。

 

第一特集「全国の書店員に聞いた! 人生で一番好きな本」

第二特集「名物書店員が教える、書店の歩き方」

第三特集「ブックストーリー それぞれの、本の物語」

 

コンテンツが決まったら、あとはひたすら取材、制作あるのみ。

全国各地に飛ぶディスカヴァーの営業スタッフが、お世話になっている書店員のみなさんにヒアリングし、その回答が日々集まってくるなか、フリーペーパー編集部は作家の賽助さん、bookwallの松さんと築地さん、日経印刷の井上さんにご寄稿&インタビューをご依頼。

また、名物書店員としてダイハン書房高槻店の岡本店長、BookLand Friendsの河田店長にもご寄稿をご依頼。

そうして完成したフリーペーパーは、タブロイド判の8ページというミニマルな形態ながら、大変に充実した内容に仕上がりました。

もはや、無料で配るのが惜しいくらい……!

 

5__2

 

完成したフリーペーパーは、下記のページからPDFをDLできますので、

ご興味ある方はぜひDLしてお読みください。

http://lifemeetsbooks.jp/lifemeetsbookspaper/

きっと、あなたの本好きの魂が疼くはずです。

 

***

 

「本好き」を増殖させるためのトートバッグ

 

もうひとつは、トートバッグです。

実はこの施策、ある国のあるキャンペーンを参考にしました。

それは、イギリスで展開されている「BooksAreMyBag」というキャンペーンです。

https://www.booksaremybag.com/

 

このホームページを見ていただくとお分かりの通り、あのホーキング博士や作家のカズオ・イシグロ、現代美術家のトレイシー・エミンといった錚々たる面々がオリジナルトートバッグを自慢げに掲げた豪華な写真が掲示されています。

6_bamb_2



 

まさに、イギリスの出版業界総出で動かしていると言って過言ではない一大キャンペーンが、このBAMBなのです。

実際、このキャンペーンの効果もあり、イギリスの個人書店の売上は増えているのだとか。

上記に挙げた著名人だけでなく、本好きの一般の人々がこのトートバッグを持って街中を颯爽と歩くことで、「BooksAreMyBag」というメッセージが、イギリス中、いや世界中に広まっている。これぞまさに、絶好のアウトリーチではないでしょうか。

 

こんなトートバッグ作りたい!」とフェアチームが考えたのは言うまでもなく、いつも手帳カバーを作ってくださっているアズウェーブさんが実はトートバッグが得意だという噂を聞きつけて、いままで作ったことのないトートバッグを手探りで作り始めます。

 

これも、サイズやデザインや流通形態をどうするかを巡って泣く子も黙る喧々諤々の議論を経た後(省略します)、ようやくのことで、こんなトートバッグが完成しました。

7__2



 

シンプルにフェアのロゴをあしらったデザインで、サイズは、A4の書類が入って少し余裕がある、コンパクトなサイズ。

いまや編集部の4人に1人が所有しているという最強の普及率を誇るMacBookの12.5インチもPCケース入りでピッタリ入るサイズです。

バッグの紐は、袖のたっぷりしたコートを来ても手を通せるぐらいの、程よい長さで、「トートバッグの持ち手が短すぎる問題」を解消。

そして内側には、スマートフォンや財布、定期入れなどが入る、ミニポケット付きで「トートバッグは見かけお洒落だけど中身がごちゃごちゃ問題」もなんなく解消。

さらに、脇に小さくついたディスカヴァーロゴ入りの赤いタグも効いていて、さり気なくお洒落な演出をしてくれます。

これで2100円(税抜)という破格の値段設定に、みなさんが耳を疑われることやむなしかと思いますが、

「なんとしてもLIFE meets BOOKSを広めたい!」というフェアチームの心意気を感じていただけるのではないでしょうか……!(涙)

 

トートバッグは、ディスカヴァーのサイトから購入可能です。

http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799321089

この記事執筆時点で残りわずかとなっているので、ぜひお早めにお買い求めください!

 

***

 

以上、駆け足で「LIFE meets BOOKS」をご紹介してきました。

あれこれ書いて説明してきましたが、百聞は一見にしかず。

以下に、開催中の書店一覧を掲載していますので、ぜひお近くの書店を見つけて、

実際の展開を見に足を運んでみてください!

http://lifemeetsbooks.jp/map/

8__2



 

LIFE meets BOOKSは、まだまだ施策を仕込み中です。

これから続々とキャンペーンを告知していきたいと思っていますので、引き続きご注目いただければ幸いです。

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!