ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

« PRESIDENT WOMAN Online × Discover「女性活躍推進法、まったなし!輝く会社のための女性部下育成のススメ」 | メイン | ディスカヴァーが期間限定のお店をオープン! »

2015年9月13日 (日)

恋愛至上主義の終焉と結婚の危機!?  【干場】

干場です。すっかりこのブログから遠ざかっていてしてまってごめんなさい。最近、2チャンネル化著しいツイッターからも遠ざかり、もっぱら、FacebookとNews Picsばかりになっておりました。ブログはスマホで書きにくい、というのもあります。

ただ、フェイスブックでは、長い文章は書きにくい。というか、読まれにくい。
そこを頑張って書いてみたら、ひさしぶりにブログを書きたくなりました。
で、フェイスブックへの投稿をちょっと改変して、3年ぶりぐらいの投稿です!

相変わらず(!?)本の宣伝ではありますが、それ以上に、これ、我が息子にとっても、我が若い社員にとっても、そして! わが読者層にとっても、そして!そして! 日本にとっても重要なイシュー! 
資本主義の行方と並んで、私の大きな関心事でもあるのです。

というわけで、本記事のタイトルは、敬愛する先輩(←旭丘高校の)のエコノミスト、水野和夫さんのベストセラー28万部!)から、拝借させていただきました!!

******

Photo

20代の7〜8割に恋人がいない。そのうち4割はほしくもない。
(私の青春時代は、7〜8割に恋人がいた! 96年頃にも5割にいた! ←オーネット調査より)
ところが、9割以上は、「いずれ(恋愛)結婚したい」

なに? 恋愛はしたくない、というか、面倒、優先順位が低い、でも、結婚はしたい?

なら、「恋愛結婚」にこだわるの、やめたら?

というわけで、若者事情についての当代きってのジャーナリスト牛窪 恵さんに、書いていただいたのが、

『恋愛しない若者たち 〜コンビニ化する性とコスパ化する結婚』

(写真は、本書内に登場する衝撃の(!?)キーワードを散りばめた装丁を活用したパネルです。拡大してご覧ください!)

そもそも「恋愛結婚」が主流になったのなんて、ここ数十年のこと。
自分はできないとしても文学とかであこがれになったのだって、20世紀になってからのこと。つまり、日本の2000年の歴史の中で、つい最近のこと。

(ちなみに、恋愛とセックスと結婚の、歴史と世界事情の章もあります。
日本ではその歴史の大半、セックスに大らか。婚外恋愛を愉しむ余裕はフランス以上!?
それと、恋愛意欲の低下は、先進国に共通らしい)

ずーっと以前、『婚活時代』を作ってたころ、著者の山田昌弘教授がふと漏らした言葉を私は忘れない。


「そもそも恋愛なんていうのは、ごく一部の美男美女のためのものだった」

まあ、いまでは、それ以外にコミュニケーション能力というのが大きいと思うけど。

いずれにしろ、恋愛しなければ結婚できない「恋愛結婚」にこだわる限り、結婚したくてもできない人たちが出てくるのは当たり前。

だったら、そもそもの「恋愛至上主義」というのを疑ってみたら?
その前提を外す、つまり、dis+cover してみたら?

戦後、一般にも拡がり、バブル前期に頂点を迎えた「恋愛」と「セックス」と「結婚」の「三位一体」は、まずは、セックスと結婚の分離、ついで、恋愛とセックスの分離(女性の意識でも)、という形で、すでに崩れ去っているのです。
ならば、「恋愛」と「結婚」が分離したっていいはず!?

すくなくとも、順番を変えたっていいはず。
つまり、私の青春時代は、一応建前として、
「恋愛」→「結婚」→「セックス」だった、その矢印が逆になったっていいじゃない? ということ。

(恋愛意欲が低下している一方で、7人に1人に「セフレ」あり、とのデータも。「セフレ」は恋人ではないので、セフレがいても「恋人なし」となるそうです)


Photo_2

さて、著者の牛窪さんは、本書のために、各種調査、若者、学者など100名以上のかたへの徹底取材。

それらをもとに、若者を恋愛から遠ざけている要因を5つに分類。

さらには、これまでの「恋愛結婚」にかわる、さまざまな新しい結婚の形も、多数紹介していただきました(いずれも、取材による、すでに始まっている「多様婚」のいろいろです)。

これらの多様婚がもっと拡がり、みなが希望通り結婚できる社会にするためには、必要な法整備も多数あります。社会通念を変えていく、私たち大人の理解も必要です。
(著者の牛窪さんは、すでに参議院の委員会にも呼ばれ、議員さんたちにレクチャーなさったそうですが、なかなかすぐには理解していただけないようで。。。。。)

そのためにも、本書が多くの人に読まれることを願います。

26日に発売開始ですが、アマゾンではすでに予約受け付け開始!

http://www.amazon.co.jp/%E6%81%8B%E6%84%9B%E3…/…/ref=sr_1_1…

ちなみに、若者たちを恋愛から遠ざけている5つの要因とは、次。

若者たちの恋愛阻害要因1「超情報化社会」がもたらした功罪
──バーチャル恋愛とリアル恋愛の狭間で

若者たちの恋愛阻害要因2「男女平等社会」と「男女不平等恋愛」のギャップとジレンマ
──昭和の恋愛幻想に縛られる若者たち

若者たちの恋愛阻害要因3 超親ラブ族の出現と恋愛意欲の封じ込め
――なぜ子離れできない親が増えたのか?

若者たちの恋愛阻害要因4 恋愛リスクの露呈と、若者たちのリスク回避
――「自己責任」に脅える恋愛事情

若者たちの恋愛阻害要因5 バブル崩壊と長引く不況が招いた、恋愛格差社会
──非正規では恋愛もできない?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161323/33571545

恋愛至上主義の終焉と結婚の危機!?  【干場】を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と高校生の息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!