ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月10日 (金)

あなたの作品が本になるかも!? ディスカヴァー、小説投稿サイトを始めました!● 中村

こんにちは、ウェブ担当の中村です。

小説を書くことが大好きな皆さま、いかがお過ごしですか?
そんな皆さまにニュースです。なんとなんとディスカヴァー、小説投稿サイトを始めました!

Novelabo_logo









novelabo
http://www.novelabo.com/

「novelabo(ノベラボ)」といいます。「ノベル」の「ラボ」でノベラボ。覚えやすいですね。

ディスカヴァーは今年で 30 周年を迎えます。30 周年を記念する事業として、本格的にフィクション分野に参入します。その 1 つが、この「ノベラボ」です。

出版社が運営するということは、そうです。投稿された作品が書籍になりやすいのです!
作品には、我が社の編集者が目を通します。ウェブの作品は多くの編集者の目に留まるため、その分小説家へのチャンスが広がります!

投稿した方は、うっかりしてると小説家になっちゃうかもしれません。

先月のプレオープン後、続々と作品が集まっています。ありがたい。
投稿いただいた皆さま、本当に本当にありがとうございます。

「ノベラボ」は、小説家を目指している方も、文章を書くのが好きな方も、もちろんプロの方も、どなたでもご投稿いただけます。
駄文しか書けない…と尻込みしているそこのあなた! どんな文章だって大丈夫です。ストーリーが面白ければ、弊社の敏腕編集者がなんとかしてくれる…はずよ。

ということで、皆さまのご投稿、お待ちしております!

ちなみに正式オープンは 5 月中旬の予定です。GW は仕事の予感。間に合うのか不安すぎます。

2015年4月 8日 (水)

反響続々!3/15読売新聞広告に出た本総ざらい!●杉田

20150315_4

 

3/15(日)の読売新聞に『茅乃舎だしで毎日ごちそう』『パリのマダムに生涯恋愛現役の秘訣を学ぶ』『滔々と紅』の広告を掲載いたしました!

発売直後から大変ご好評をいただいているこちらの3つの書籍について、魅力を徹底的にご紹介いたします!

9784799316108

かんたんに極上の味わい 茅乃舎だしで毎日ごちそう

大人気の和風だしパック「茅乃舎だし」の初の公式レシピブック!


大ブームの「茅乃舎だし」を毎日のお料理に使いこなせる、野菜たっぷりのレシピが満載!

◆和風だしパック「茅乃舎だし」とは?◆

福岡県の自然食レストラン「茅乃舎」でだしの美味しさに問い合わせが殺到したことをきっかけに、料理長が厳選した素材を家庭で使いやすいように配合し、だしパック形式にアレンジしたもの。水から入れて沸騰して1~2分で本格だしがとれる手軽さで大人気に!名だたる女性誌でのお取り寄せ通販ランキング特集の常連です。化学調味料・保存料無添加・国産食材使用で安心安全、子育て中のお母さんにもぴったり。国産食材本来の味を活かした味わい。

◆空前の大ブーム!六本木ミッドタウン、コレド日本橋など連日大行列◆

「茅乃舎だし」を購入できる通販サイトも人気沸騰中ですが、六本木の東京ミッドタウン、コレド日本橋、グランフロント大阪など話題のスポットへの出店で、人気は最高潮に。「茅乃舎だし」を買い求める方々で連日行列ができるほどの大盛況が続いています!お料理上手の女性タレントや食通の男性有名人もプライベートで愛用中と明かし、空前の大ブームが起きています!

・・・そんな「茅乃舎だし」を使った初の公式レシピブックがこちら。

コク旨肉じゃが、京風カレーうどん、春菊のごまだし和え、だし旨チーズピザ、ごろっと根菜きんぴら、ごぼうのポタージュ、絶品だしからあげ、ニラたっぷりチヂミ、かりかり梅ひじき、だしがらふりかけ等々、とっても美味しそうなメニューが満載!

ぜひこの本で毎日ごちそうにしませんか?

9784799316146

パリのマダムに生涯恋愛現役の秘訣を学ぶ

恋愛至上主義そして美至上主義の街パリ。幾つになっても美とアムールに溢れる日々を送るパリのマダム達にその秘訣を現地取材!全ページ、豊富なカラー写真とともにお届けします。

ここでいくつかピックアップしてみましょう!

「なぜ、木陰で本を読むのかって? だって、セクシーに見えるでしょ? インテリ女は色気がないなんて、日本男性は不思議なことを言うのね」マリアンヌ・38歳/会社員

「生涯恋愛? そんなの当たり前じゃないの? それが世界標準だと思っていたよ。でも秘訣を教えろと言われてもね、ぼくらには、若いときからの積み重ねがあるからね」クロード・64歳/アパレル経営者/既婚/子供3人/もうじき孫ができる

「ホテルのバーに旦那と? たまに行くわ。ちょっと刺激的でいいのよね」ヴィクトワール・56歳/画家 既婚 夫はブランドのチーフマネージャー

「日本の男性のロリコンは有名だよ。とにかく、若い女の子が好きだね。自分に自信がないマザコンの証拠だね」アラン・58歳/美容外科医 子供2人/恋人と半同棲

「デリケートゾーンのケア? もちろん日常的にしているわ。だってエチケットでしょ?」セシル・53歳/化粧品会社の広報部長 恋人は8歳下

「少しぐらい寿命が短くなろうが、好きなことをして死ぬほうが、いやなことをして長生きするより、はるかにマシだな」ロベール・70歳/内科医 三度目の結婚

「彼が来る夜は、シャンパンを冷やし、寝室に、アロマキャンドルを焚いて待つの」ジゼル・58歳/ネイリスト 孫6人/恋人2人

・・・日本とはずいぶん違いますね!こうしてフランスの方々は溢れんばかりのセクシーな魅力を保っているのでしょうか。本当に盛りだくさんな内容です!日本でも実践可能なものになっているので、ぜひ気になるところから読んで、気に入ったところは取り入れていきたいですね♪

9784799316368

滔々と紅

◎全国の書店員さんが選ぶ「世に出したい」新作 第 1 回「本のサナギ賞」大賞作品!◎

応募総数 265 作品の中から栄えある1位に輝いた作品。

江戸吉原に売られた少女が、遊女としてたくましく生き、自らの運命を変える物語。天保八年、飢饉の村、奥州田村郡朝月から百姓の娘 駒乃(コマノ)が人買いによって江戸吉原へと連れて来られ、大遊郭、扇屋(オウギヤ)へと口入れされる。このとき駒乃、9歳。不憫な運命でありながら、心折れることのない勝気な少女であった駒乃は、遊女としてのイロハを学び、吉原の世界に抗いながらも様々な経験をつみ、手練手管を駆使する人気花魁、艶粧(タオヤギ)として成長する。23歳となった艶粧は、ひとりの客、林太郎(リンタロウ)と恋仲となり、吉原からの足抜を相談される。吉原で生き抜こうと思っていた艶粧だが、ある事件をきっかけに、自らの運命を変える最後の決断を下す。

・・・審査員としてご参加くださった書店員さんからは

「現在発売されている小説作品よりも、私個人のなかでは上をゆく。その才能に戦慄した。」(さわや書店フェザン店 松本大介さん)

「群を抜いて素晴らしかった。吉原をたくましく生き抜く女たちがこれ以上ないくらい生き生きと描かれていた。ほれぼれする」(丸善津田沼店 酒井七海)

「確かな文章力と、綿密な構成力により、吉原の世界にスッと自然に引き込まれる。抗えない地獄の中にあって、やっと見出した希望よりも、関係性から生まれた絆と想いが最後の行動の基となるのが、駒乃らしくて良い、すごく良い。」(廣文館金座街本店 E)

などなど大変すてきな評価をいただいております。

ツイッターでも評判のこちら、ぜひ読んでみませんか^^?

本田圭佑選手が『アインシュタイン150の言葉』を寄贈!●山崎

ACミランの本田圭佑選手が母校である星稜高校のサッカー部に、全国高校選手権の初優勝の記念品として『アインシュタイン150の言葉』を寄贈されたそうです!

寄贈されたのは、本5冊だそう。(日刊スポーツより)(みんなのニュースでもとりあげられていました!)

9784924751583

『アインシュタイン150の言葉』 ジェリー・メイヤー&ジョン・P・ホームズ編(ディスカヴァー)

『マネジメント エッセンシャル版―基本と原則』 P・F・ドラッカー著(ダイヤモンド社)
『アレックス・ファーガソン自伝』 アレックス・ファーガソン著(日本文芸社)
『成功への情熱』 稲盛和夫著(PHP文庫)
『キクタン英会話 初級編』 一杉武史著(アルク)

本田選手が読んでいてくださって、しかも後輩に贈るほど気に入ってくださっていたなんて、本当にうれしいですね。

実は、今までもいろんな芸能人の方が雑誌等で紹介してくださっているんですよ。1997年刊なので、もう18年も経つのに、変わらずに愛されつづける一冊です。

中身一部抜粋します。

「私は天才ではない。ただ人より長く問題とつき合っているだけだ」

「どうして自分を責めるんだ? 他人がちゃんと責めてくれるんだから、いいじゃないか」

「熱いストープに 1 分間手を載せてみてください。まるで 1 時間くらいに感じられるでしょう。ところが、かわいい女の子と一緒に 1 時間座っていても、1 分間ぐらいにしか感じられません。それが、相対性というものです」

本田選手はどの言葉を気に入ってくださったんでしょう。気になりますね。
みなさんもぜひご一読を。

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!