ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

« 12/18日経新聞に広告!読者が選んだ今年一番のビジネス書は? ●田中 | メイン | 異色のコラボ!?『超訳ニーチェの言葉』×『月刊コミックジーン』連載中『ニーチェ先生』!●本田 »

2014年1月16日 (木)

周りの人のサポートで、コツコツやれば今年はゴール達成だ!!? 〜怖いくらい図星だと評判のMY ANSWERS BOOK 易経版で占ってみた! ●干場 

明けましておめでとうございますのご挨拶もしないうちに、小豆粥をいただく「小正月」(1月15日)も過ぎてしまいました。

さて、新年といえば、みなさん、抱負というか新しい目標を立てたと思います。
わたしの目標はひたすら、会社のゴール達成なのですが、

11

そんなときに、多くの経営者が(実は大企業の経営者ほど)、「易」によって、行動指針を確認しているらしいって、ご存じでした!?(「資生堂」みたいに、社名に易のことばが使われている会社も実は少なくない!)

儒教の時代の四書五経のうちの「易経」の易、孔子よりずっと前、いまから3000年くらい前に中国で生まれた天下自然の法則の体系化とでもいいましょうか、

細木数子さんなんかが元にしている四柱推命とか、うちでもなぜか請け負って出した「高島易断」の「九星気学」とかの大本にもなっている、いわば、アジアと日本の占いの大本の大本とでもいえるものです(西洋は、星占いですものね)。

基本は、陽と陰で、それを象徴的に示した「太極図」は、韓国とかモンゴルの国旗にも使われているし。。

1

そうそう、東京の山手線と中央線の路線計画、この太極図に模して、安全を祈念してつくられたそうです、関東大震災のあとの帝都復興員総裁となったときの内務大臣、あの後藤新平によって!

というわけで、実は、知らないところで、わたしたちの生活に入り込んでいるこの易経をつかった易占いを、本邦初!得意の超訳で、人気定番シリーズ「MY ANSWERS BOOK 」に加えました!

超訳といっても、ちゃんと日本で唯一の正統派の易経研究家の流れを汲む研究会の方々に書いていただいたので、本質はしっかりホンモノです。

244

開いたページで占う方法でも使えるけれど、サイコロやコインを使った、より本格っぽい占い方でも使えるように、工夫して編集されています(エッへん!わたしが編集したのだww)。

ただ、西洋の星占いなんかになれている人は、「どうしたらいいですか?」ときいて、「天のお告げを待つ」みたいなつもりでいらっしゃるかもしれませんが、これはあくまでも、運気を占って、今自分がやろうとしていることの達成確度を最大限に上げるには、どういう時期、行動が、今の時期には有効か、を見るものです。

選択を占いに依存する人ではなく、自分で選択していける人をサポートするものです。

経営者に人気なのも、そのためでしょう。実際、君子のための学問として生まれたものですし、東洋の帝王学のひとつでもあった訳なので。。。

(といっても、恋の行動にももちろん使えますけど!)

というわけで、実は、占い嫌いのわたしにもぴったりのこの本(占いって、どこか依存的でしょう? わたし、そういうの、いちばん嫌いなので、、、)で、著者グループ「東洋哲学研究会」のメンバーのひとり吉原俊一さんに、わたしの今年を占ってもらいました。

卦は(「当たるも八卦、当たらぬも八卦」のあの卦!)、「地風升」、いい卦だそうです。

で、本に出てきたのはこれ。

2

602701_07jpg__085

102201_02jpg__086

さらに、吉

原さんが詳しく解説してくれ

たのは、以下の通り。

干場弓子の2014年の年筮

 「地風升初爻」:晴(伸びゆく若芽)

・「升」とは、のぼり進むこと、「地」の下に芽を出した若木が、天をめざしてすくすくと伸びゆく姿を示す卦。

・土台を固めて、環境を整え、生命力を蓄え、ゆっくり大木に育てる心構えが必要。

・小さなことをコツコツと積み上げていく粘り強い姿勢が大切。

・目上の人の指導に謙虚に従うことが肝要である。焦らず、止まることなく、将来をしっかり見据えること。途中で放棄すると一生後悔することになる。

・堅実に、自信をもって向上するものを表している。心構えとしては、①時を得ること、②実力を養うこと、③後援者を得ること、の3つが「彖伝」にあげられている。若芽には、春の季節と強烈な生命力と豊かな養分が必要なのである。

(初爻)

・たくましく昇りはじめたところ。上と志を合わせて進むこと。大吉。

ふむふむ。目上の人の指導に従い、周囲の協力を得つつ、コツコツやれば、目標達成と言うことですね!

よっしゃ! ディスカヴァー、ことしは結構大きな戦略変換行っているので、コツコツ土台を築けば、年末には、ゴール達成だ!

というわけで、「MY  ANSWER BOOK 易経版」、2400円とちょっと高いけれど、なんといっても800ページ(その割には軽い!!)、何度でも一生使える。

一回5000円から2万円の鑑定量がかかるのが、ひとりで何回もできる、彼彼女や家族、お友達のも占ってあげられる! 

とおもえば、お安いでしょ!?

えっ? でも、わたしもやっぱりプロの指導のもので、占いたい! 占ってもらいたい! というあなたに。ギリギリの告知となりましたが、17日(金)のブックバーで、著者のお一人をお招きして、易経ワークショップ、行います!

いつものように、19時〜(ワークショップは19時半から)、ディスカヴァー本社セミナールームとロビーにて、ドリンク片手に!

今年の抱負と目標をより確実にする良い機会。まだ若干席に余裕がありますので、いまからでもどうぞ! お申し込みはこちらから。

ところで、良くない卦が出たらどうするか?ですが、いけないのは、すぐにまた、同じテーマで占うこと。

そうではなくて、これは運気を見るものですから、運気を変えればいい。ちょっと行動のパターンを変えるとか、ちょっとしたことで、それは変わるようです。バタフライエフェクトです!(そういえば、メン・イン・ブラック3にでてくる予知能力を持つ青年が予知する世界も、バーにチップを置くのを忘れるかどうかで変わったりしていましたね!)

実際、週の行動指針を占った弊社の蛯原は、「今日は帰る道順を変えて、運気を変える!」と、いさんで帰っていきました。そのせいかどうか、先月も快調でした!

というわけで、MY ANSWERS BOOK 易経版で、今年の目標をかなえよう!

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!