ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月30日 (火)

結婚が近づく婚活・結婚が遠のく婚活 ●干場

あれから5年!

192

2008年、一世を風靡した『「婚活」時代』のあの二人(山田昌弘 中央大学教授+ジャーナリスト

白河桃子)が戻ってきました!
って、映画の宣伝か!?

『「婚活」症候群』


「婚活」産みの親の二人が語る、現代日本婚活の実態と、新しい処方箋です。

就職協定が撤廃され、就職の「自由化』とともに、現在のような過酷な(?)就職活動が必然となり、「就活」という言葉が生まれたように、
恋愛の「自由化」(婚前交渉は当たり前というか、この言葉がすでに死語。旅行しても同棲しても結婚しなくてもいい)とともに、結婚にも、就職活動と同様の積極的な活動が必要になってきた。結婚活動、すなわち、「婚活」が必要な時代に入ってきている。

就職、結婚という人生の大きなイベントが、とくになにも考えなくても自動的にできていたのが、自ら主体的に選択し、積極的に活動しなければ、達成できなくなった時代なのである。

というのが、『「婚活」時代』の趣旨でした。

ご存じの通り、それは、発売当初から大きな話題を呼び、取材やテレビドラマ化の話も多々。実際、NHKで「婚活・離活」というドラマとなり、「婚活」という言葉は、その年の流行語大賞にノミネートされました(ちなみに、その前年、著者の一人の山田昌弘教授は、「格差社会』でもノミネートされました)。

そして、婚活という言葉は、もはや普通名詞! 

(ちなみに、この言葉、弊社と山田先生で商標を登録しています。別に独占するためジャありません。最初、ひろまってほしいのでほおっておいたら、どこかの地方の結婚相談所の方が申請していることを発見。もし、申請が通ってその人が他者の私用を制限しようとすると、ほかの人(団体)がまったく使えなくなってしまう。そのため、特許庁に訴えて、こちらの取得としました。

 余談ですが、このように、独占するためではなく、関係ない誰かの独占を阻止するために、商標を登録することはよくあります。そういうことをしていなかったので、中国にいろいろ国際商標をとられてしまっているブランド、地名、ありますね!)

「今、婚活中なの」
という台詞が日常的に使われるようになりました。
それは、著者たちにとっても、私達にとっても、嬉しいことでした。
今では、信じられないのですが、この本が出るまでは、「結婚相手を積極的に探している」なんてことは、たとえそうであったとしても、はずかしくって人に言うべきことではない、という風潮だったからです。
わずか五年前のこととは信じられません。

でも、『「婚活」時代』の大ヒットは、いいことばかりではありませんでした。
マスコミなどでとりあげられるうちに、いつのまにか、言葉だけが一人歩きし、
「婚活=女性が、経済力のある男性ととにかく早く結婚するための活動」というイメージでとらえられるようになっていってしまったのです。

いってみれば、「わずかな(結婚に)いい男の奪い合い活動』です。

そして、それは、著者たちが本書を通じて訴えたかったことのいわば、真逆。
本当は、

男性の収入に依存する、昭和型結婚観から、脱皮しよう。

ということだったのですから。


というわけで、

第1章 「婚活」流行の背景と影響(山田)
第2章 「婚活」の誤解と限界(白河)
第3章 婚活の現実と格差 あきらめる男性、疲れる女性(山田)
第4章 限界を突破するには(白河)
第5章 婚活の社会的効用 少子化対策としての婚活(山田)
第6章 進化する婚活(白河)
第7章 地方の婚活、世界の婚活(山田+白河)

から成る本章は、「婚活」の流行の功罪を当事者二人がふりかえるとともに、結婚を望む人への新しい処方箋を、さまざまな調査をもとに説きます。

昭和の頭のままコンカツしても、結婚は遠のくばかり。
でも、平成頭にスイッチすれば、新しい未来が始まります!

『「婚活」時代』のときと同様、親御さんの世代にも多く売れているようですが、当事者のあなた、新しい婚活サービス、世界の動き、行政の支援など、個人的に知っておきたい情報も満載です。
ぜひ、ご一読を、お勧めします!

2013年7月26日 (金)

真剣にリヴィングウィルを用意しようと思わされた1冊 ●干場

_1_image_230_3111

相続税の改正を前に知っておきたいことをやさしく著した

子どもに迷惑かけたくなければ 相続の準備は自分でしなさい

(名古屋でいちばん売れているとか! さすが! 資産家の多い!?名古屋です!)

に続くシリーズ第2弾は、

子どもに迷惑かけたくなければ 死の迎え方は自分で決めておきなさい

好評です。

そりゃ、相続税対策が必要な人は、税法の改正によって増えるとは言え、世帯のまだ一部。でも、こちらは、いずれは死ぬ私達全員の課題、とくに、50を過ぎて親の最期に立ちあう、あるいは覚悟するようになるころから、多くの人が、自分のそれも、真剣に考え始めます。

_1_image_230_311

大往生したけりゃ医療とかかわるな」のヒットあたりから、また終末医療への関心が高まっていますが、実は私もそうで、夫や子どもには、わたしは延命治療はいらないからと、言ってはいますが、では具体的に、何をどのように意思表示しておくべきか?
そもそも、終末期医療には、どのようなものがあるのか? 
医師にはどのように希望を伝えるべきか? 
殺人罪に家族が問われないようにするにはどうしたらいいのか? 
一般に、どのような状態で私達は最期を向かえることになるのか?
自宅での最期は可能なのか? 
それにはどうしたらいいのか? 
などなど、詳しくはわかっていないことだらけ。

本書は、「99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ」等でもヒットを飛ばす石塚ならではの、ヒジョーにわかりやすい、基本見開き構成の編集で、私たちが、選択すべき終末期医療の項目について、挙げられています。

まず、死が迫ったときに、医師から選択を迫られる事柄について、ありがちな病気ごとにのべられています。

・ガンの場合
・脳卒中の場合
・肺炎の場合
・認知症の場合
・心不全の場合
・肝臓の病気の場合
・腎不全の場合
・植物状態の場合
・骨折の場合

延命治療については

・心臓マッサージ
・人工呼吸器の装着
・気管内挿管
・昇圧剤の投薬
・点滴による形式的な治療
・鼻腔栄養
・胃ろう

それぞれについて、わたしはこうしてほしい、というのを、リビングウィルシートにして、用意しておかなきゃ、と思った次第です。

あ、そういうシートもつければよかった? 付録に。

それにしても、北欧など、意味のない延命治療は患者への虐待行為とされている国もあるとか。そのあたりの考え方や医療のあり方を変えると、世界の長寿ランキングは、かわってくるのかもしれませんね。

2013年7月25日 (木)

夏休み、旅行の計画まだ、の方に。まだ間に合う旅の勧め ●干場

いよいよ夏休み!夏休みと言えば、旅。旅と言えば、海外。
というわけで、弊社でこの夏出版の旅にまつわる本、3冊ご紹介します。

175

176

まずは、5月発売で、予想以上に売れているのがこれ。

「自分の仕事をつくる旅 

〜グローバル時代を生き抜く「テーマのある旅」のススメ」


177

179

大手書店さんの旅のコーナーでは、結構目立つように展開してくださっているので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれない。

最初の企画名は、「履歴書に書ける旅」だった。

181

182

たしかに、ここ数年、新卒の採用面接をしていると、東南アジアや南米などの旅行の体験を語る人が増えてきた。数十ヵ国、それも開発途上国ばかりひとりで旅をしたという人も、一人や二人ではない。なぜか、女性に多いのだけれど。。。。

そこにさらに、「テーマ」をもって旅に出よう、というのがこの本。

183

184

国際貢献、途上国ビジネス等々、さまざまなテーマを持って旅をした若い人たちのレポートから、その具体的方法(情報収集法から具体的な持ちもの、スキル、連絡先まで)が、美しいカラーで、雑誌風に、これでもか、とばかりに満載の、じつはかなり贅沢な1冊だ。

この春から、編集部に異動した大竹がはじめて、企画から編集までを手がけた1冊でもある。その大竹の頑張りと、著者の成瀬勇樹さんのコンテンツの豊富さと情熱がなければ、できがらなかった1冊でもある。

見ているだけでも美しい。
何かしたくなる。

手間がかかっている割に、学生さんが主要ターゲットなので、価格は1500円と赤字覚悟で抑えてあるので、これは、この夏、これから行き先を考える人はもちろんのこと、このなつはとりあえず行かない人も、売り場から消えてしまう前に、ご入手されることをお勧めする!

あっ、こんなに写真・図版たっぷりだけど、キンドル版も出てますよ!

***

と、以上は、おもに10代、20代の方向けの旅行本。その親御さんの世代向けの本も、実は出している! 

で、こちらは、ヨーロッパ。それも、パリ。
パリなんて、もう行った、という方にこそ、お勧めの1冊。


190

「二度目のパリ。歴史歩き」

二度目でも三度目でも、あるいは、初めてでもいいのだけれど、こちらは、パリのビューポイントにまつわるエピソードが、豊富な写真と一緒に丁寧に、記されている。

絵画を、イヤホンを借りて、作品や作家、その時代背景などの説明を聞きながら見ると、ただ、感性だけで鑑賞するのとはまた違った味わいがあるように、オペラ座を見るにしても、その設立者の秘話、買い物をするにしてもココシャネルの生き様を知るだけで、旅の深みはぐっと増す。

そうした旅の味わい方をしたい大人のためのガイドブックだ。
(そういう意味では、若い娘にうんちくをたれたいおじさんにも向いているかも!?)

名所の案内も、普通の初心者向きのガイドブックにはないようなツーな場所も紹介されている。

189

188

の分、普通のホテルガイドやお土産ガイドはないので、初めての方がこれ1冊というのはお勧めしない。

二度目のパリというのは、二冊目のパリガイドブック、という意味でもある。。。

ところで、ここだけの話ですが(!?)、10月のフランクフルト(ブックフェア)のついでに、電車でパリに行く予定。そこで、パリ在住の女医さん、岩本先生と合流して、新企画の取材。

。。

どんな内容かというと、、、、うふふ。まだナイショ。岸恵子さんの「わりなき恋」(幻冬舎刊 後期高齢者の性愛と銘打った、まあ言ってしまえば、不倫小説)に触発された企画とだけ、申し上げておきましょう。。。


***

さてさて、旅にまつわるもう一冊は、じゃーん、このパネルをどうぞ!

A_31

8月12日発売!!

喜多川泰さんの最新作。その名も、

「ライフトラベラー 人生の旅人」

喜多川さんご自身によるものを中心に、美しいカラー写真を交えた、自己啓発小説。
今度のテーマは、人生と旅。

185

186

187

 

 

 

 

 

人生を変える旅に出ないか?

のキャッチ通り、人生を変える旅の秘密が、ちょっと不思議なストーリーとともに展開される。

あと、このストーリーには、ちょっとした仕掛けがある。最後まで読まないとわからないけれど。。。

それと、本書、TSUTAYAさんの協力を得て、全国TSUTAYAさんで先行販売中です。
一般発売は8月12日になります。

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!