ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月28日 (金)

【電子書籍半額】25万部突破!今いちばん売れているビジネス書が、電子書籍で半額に!●松原

みなさまこんにちは、電子書籍担当の松原です。
本日は、毎月恒例となっている、電子書籍半額セールのお知らせ!

9784799311349 今月の目玉はなんといっても、「99% の人がしていないたった 1% の仕事のコツ」!
発売から半年で、25万部を突破した、いま一番売れているビジネス書です(書店でのランキングはこちらをご覧ください。一位ばかり!)。
今朝の記事で、大竹がご紹介しているステッカーには24万部とありますが、あっという間に1万部増えてしまいました。

1400円→700円と、ぐぐっとお求めやすくなったこの機会に、ぜひ電子書籍でもお楽しみください!!

他にも、売れ筋ビジネス書や、実用書などが半額に。
もともと600円とお手頃だった、電子書籍オリジナルコンテンツ、「四百文字の偉人伝」も400円での販売です。

Bookbar1_medium Bookbar2_medium 話は変わりますが、来週金曜日開催の第2回DiscoverBookBarにて、営業部のフルヤとともに、ホストを務めさせていただくことになりました。
テーマは「電子書籍」。日本の電子書籍事情ですとか、電子書籍の読み方、これからのディスカヴァーの電子書籍の取り組みなどを、お酒を飲みつつ、電子書籍端末をさわりつつ、お話できればと思います。
人前でしゃべるのとか、ちょっと苦手なのですが、ディスカヴァーきってのお祭り男、フルヤと一緒におもてなしさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

まだまだお席に余裕はありますので、「電子書籍に興味はあるけど、よくわからない」、「日本の電子書籍に物申したい!」など、お気軽にぶつけてくださいませ!


お申込みはこちらから

【開催概要】=============================================
タイトル:第 2 回 Discover Book Bar ~ ドリンクを片手に本を楽しもう ~
開催日:10/5(金)19:00~21:00
定員:30名
参加費: 1,000円(ワンドリンクつき)
会場:ディスカヴァーライブラリー(永田町駅4番出口より徒歩1分)
======================================================

京王線で会いましょう!?『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』車内ステッカースタート! ●大竹

Photo_2 24万部を突破し、2012年度ビジネス書のトップセラーを走り続けている『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』。10月1日から1か月、京王線の車内ステッカーを掲出することになりました。

ステッカーにも記載がありますが、なんと2012年上半期のランキング1位が続出
●紀伊國屋書店梅田本店(ビジネス上半期)1位
●TSUTAYA BOOKS全店(ビジネス書仕事術上半期)1位
●啓文堂書店(2012年6月〜7月)1位

もちろん、年間1位も狙っていきます。ぜひ、京王線にご乗車の際は探してみてください・・・!

・・・その他のパブリシティ情報・・・
あなたのまわりの「コミュ障」な人たち
「週刊東洋経済」2012年9月22日号
独学術
「週刊東洋経済」2012年9月29日号
中村貞裕式 ミーハー仕事術
朝日新聞9月23日付け朝刊 書評
超訳 ニーチェの言葉Ⅱ
ダイヤモンドオンライン 『媚びない人生』対談
苦難とは、神様からの贈り物だ、 と思えるかどうか
「日経マネー」2012年11月号
リーダーからの金言 「損得勘定」が損をさせる

2012年9月25日 (火)

あなたの「やる気になる木」を育てるために! ●干場

先月初め、富山に行ったとき、初めて典型的な地方都市のTSUTAYA系書店さんを見て、都会ばかり見ていても、読者の皆さんが求めているものはわからないなぁと実感した。
だから、というわけではないが、2009年の都市型ビジネススキル書ブームの真っ最中に出して、今ひとつだったけれど、優しくって、易しいビジネススキル書があったことを思い出し、新装改訂、タイトルも変えて、再び、お届けすることにした。

_1_image_230_311_183046 「ありがとう」があふれるお店の 新米 店長のノート

地方都市のドコモショップ(本の中では、某携帯電話ショップとなっていますので、そこんとこ、よろしく!?)で、契約社員から店長となり、転勤しつつも、この十年間、店長を務める福島雄一郎さんの、すべて現場の体験から生まれた仕事と働き方の本。

元のタイトルは、「ぼくが教えてもらった「仕事で大切なこと」

著者が、上司から、先輩から、お客さまから教えられた、仕事で大切なこと。
そして、店長となった今、後輩スタッフ、部下に教えている、仕事で大切なこと。

それらが、34個。それぞれの項目には、特に大事なことをまとめた「店長のノート』がつく。
55_2 写真は、ちょうど上京する機会があったのでと、社に寄られた福島さん。向かって左だ。右は、編集担当千葉。

それにしても、1分の遅刻で、「信用を失ったのよ」と厳しく叱る上司。そこから、社会人としての責任、信用、信頼というものを学んでいく筆者。
よかったな。これほど厳しく叱ってくれる上司がいて。

著者が、契約社員から正社員、そして店長になれたのも、こうして本まで書けるようになったのも、こうした厳しい上司がいたからだろう。ほんとうに「仕事で大切なことを教えてもらった」!

私の最初の上司も、本当に怖かった。
まさに、「プラダを着た悪魔」ならぬ「ソニアを着た悪魔」だった。
ソニアが似合う、本当に素敵な人だったけど、、、、怖かった。

でも、もし、一番最初の上司が彼女でなかったら、今の私はなかったかもしれない、とすら思う。

若い頃の苦労は買ってでもしろ、というけれど、まさに、新人時の上司は、買ってでも鬼上司にしろ!?

叱る方も大変なんだ! その部下の成長のことより、会社のことより、自分が「いい人』することを選んで甘い顔してる上司より、よっぽど愛があるんだ、会社の業績に責任を持っているんだ、と分かったのは、自分が上司になってからでしょうか。。。(と、キツイ上司であるらしい自分をなにげに、というか、露骨に正当化!?)

というわけで、鬼上司に恵まれない方には、特に、本書を推奨!
ただし、この本自体は、最初に書いたように、優しく、易しい。
著者の福島さんのお人柄だろう、部下と、お客様と、仕事、そして、読者に対する愛が、温かく伝わってくる。

56_2 ところで、本書の最初の「やる気になる木」のエピソードがいいなあ。
「一番、大切なのはどこ?』
「幹は、何?』
「葉は、何?』
「実は?」
「木が育つのに欠かせない水は、何?』

ひとつひとつ、腑に落ちる。

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!