ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

翻訳の世界を楽しむイベントレポート!9月からの連続講座のご案内も●山崎

みなさまこんにちは、イベント担当山崎です。

今回は先週行われた
「翻訳者・越前敏弥と楽しむ翻訳の世界~翻訳百景ミニイベント~」のご報告と、越前さんの連続講座のお知らせです!
どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

Isbn9784887596894Isbn9784887598959 ダ・ヴィンチ・コードの翻訳を手がけ、ディスカヴァーでは『日本人なら必ず誤訳する英文』『日本人なら必ず悪訳する英文』の著者、そして『six-words』の訳者である越前敏弥さんのイベント「翻訳百景ミニイベント」の第三回目を、ディスカヴァ―で開催していただきました。
翻訳の世界をのぞきみ出来る誤訳・悪訳のお話や、ディスカヴァーの出版部長、藤田との対談など、盛りだくさんの内容となりました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Dscf6049まずは越前さんの誤訳・悪訳のお話からちょっとだけご紹介。
次の文を訳してみてください。
He is as wise as his younger brother.
「彼は弟と同じくらい賢い」と訳しますよね。
でも、文脈によっては、「彼も弟もバカだ」という皮肉でこの文章が書いてあることがあります。
その場合、どう訳すのが正しいのでしょうか?
せっかく原文では皮肉って'wise'を使っているので、越前さんなら「彼のおつむは弟に匹敵する賢さだ」と訳すそう。
確かに、わかる人には皮肉とわかる文章になりました。
こんな単純な文章でも何通りの解釈があり、伝え方がある。
翻訳の世界は奥が深いですね!

Isbn9784887598591 それからみなさま、『six-words』はご存知でしょうか?
6つの単語で物語を表現するいわば英語版俳句。
今回はsix-wordsのお話もありました。
代表的なものを一つご紹介。
For sale: baby shoes, never worn.
「赤ちゃんの靴、売ります。未使用」
ヘミングウェイの作品と言われているものです。
このたった6語からどんな物語が見えるでしょうか。
もしかして、赤ちゃん、産まれなかったのでしょうか。でももしかしたら、そんなことなくて、明るいお話かもしれません。たった6語でこんなにも広がる世界。面白いですよね。ぜひ皆さまも作ってみてください。

Dscf6060 さて、越前さんと出版部長藤田の対談からもひとつだけエピソードをご紹介。
英語を勉強されているみなさんは、「超訳」についてどうお考えでしょうか?邪道だとされる方も多いのではないでしょうか。
ディスカヴァーは『超訳ニーチェの言葉』『超訳ブッダの言葉』などを出版しています。
藤田曰く、超訳でも、原書からかけ離れたものにはなっておりません。
通常の翻訳が「作者が日本語を話せるとしたらこう書くだろう」という視点で訳しているならば、超訳の文章は「作者が現代を生きていたとしたらこう書くだろう」という文章になっている、とのこと。
超訳について越前さんのお考えは、「超訳を一つの解釈として、そこをきちんと打ち出せば問題ない」、ということだそうです。
邪道だと思われる皆さまもぜひ一度、読んでみていただきたいです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、なんだか長くなってしまいましたが、今回もUst中継を行いましたので、ぜひアーカイブをご覧くださいませ!

恒例になってまいりました著者動画もあります!
越前さんの穏やかなお話しぶり、ぜひご覧ください。


そしてそして今回は豪華なセミナーのお知らせがあります!!
越前さんによる連続5回講座開催します!!
その名も「日本人なら必ず誤訳する英文 実践講座」
今回は、しっかり学びたい人向け、少人数制講座です。
実際に問題を解き、英語力全体をブラッシュアップ!
英語勉強中の学生さん、ビジネスで英語を使う方ほか、ワンランク上の英語を身につけたい方対象。(英検2級以上、TOEIC700点以上くらいが目安です)
第一線で活躍する翻訳家、越前敏弥さんから直接レッスンを受けられる貴重なチャンスです!みなさまふるってご参加ください♪

【開催概要】
開催日:9/6, 9/20, 10/4, 10/18, 11/1(全5回 隔週木曜日)
     19:00~21:00(開場18:30)
定員:30名
参加費: 24,000円 (4,800円×5回) ※1回ごとのお申込みはできません
会場:ディスカヴァーセミナールーム
(永田町駅4番出口より徒歩1分)

■カード払いでのお申し込み・詳細はこちらから

■お振込みご希望の方へ
下記の内容を明記の上、 info-ev@d21.co.jp まで Email でご連絡ください。お振り込み先をお知らせいたします。

    お名前
    お名前ふりがな
    電話番号(連絡先)

Email宛て先: info-ev@d21.co.jp
Emailタイトル:「越前敏弥連続講座 参加希望」

7月のランキング情報!1位は・・・?●西川

おはようございます。

本日は、7月のランキング情報をお届けします。 と、その前に・・・! 
全国の書店様でランキング入りさせていただいている情報をシェアさせてください!

※ 営業スタッフより得た情報をもとにしているため、
現在のランキングと異なる場合があります。ご了承ください。

Isbn9784799311349

『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』

TSUTAYA BOOK   STORE有楽町マルイ店様 ビジネス1位 

ジュンク堂書店ロフト名古屋店様 ビジネス1位

TSUTAYA   赤坂店様 1位

99_2_4 

パルネット狭山店様 総合ランキング1位 

本の王国刈谷店様 ビジネス1位

リブロ名古屋店様 ビジネス1位

TSUTAYA   三軒茶屋店様 ビジネス 1位

TSUTAYA 浜田山店様   ビジネス1位

TSUTAYA   馬事公苑店様 ビジネス1位

TSUTAYA WAY   ガーデンパーク店様 ビジネス 1位

ラックス奈良柏木展店様  ビジネス 1位

三省堂書店有楽町店様 ビジネス2位 

啓文堂書店 久我山店様 2位

明林堂書店様全店様 ビジネス2位

啓文堂書店 永福町店様 ビジネス2位

啓文堂書店 明大前店様 ビジネス2位

啓文堂書店つつじヶ丘店様  ビジネスランキング2位

ブックファーストアトレ大森店様 総合3位

今井書店錦町店様  ビジネス3位

三省堂書店岐阜店様 ビジネス3位

展開写真は、紀伊國屋書店梅田本店様。

 

Isbn9784799311844ミーハー仕事術』 

青山ブックセンター本店様 ビジネス1位

 有隣堂アトレ恵比寿店様 ビジネス2位 

TSUTAYA TOKYO ROPPONGI様 ビジネス2位

2TSUTAYA BOOK STORE 有楽町マルイ店様 ビジネス 3位 

ブックファースト二子玉川様7位

TSUTAYA 三軒茶屋店様 ビジネス 8位

展開写真は、ジュンク堂書店大阪本店様です。

多くのお店でランキング入りし、嬉しい限りです・・・!
ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。

長くなってしまったので、ディスカヴァーの7月のランキングは続きから。

 

続きを読む »

2012年7月28日 (土)

新しいコンテンツの形とは? 香港出張レポート●郭

こんにちは、グローバルチームの郭(カク)です。
前回に続き 、また海外出張に行って参りましたのでその様子をレポートします!

Img_0183_2 Img_0219 今回の訪問先は香港。7月18日~20日に開かれた香港(灣仔)ブックフェアに参加するためです。
WEB上では、入場者が100万人を超える規模だと報道されている展示会ですが、B to Bというより明らかにB to C
読者サービスを目的とした展示会だということを、実際行ってみて感じました。
消費者よりのイベントではありますが、その分開催期間の売上はすさまじいようです。
とある現地出版社の編集長の話によると、三日間で1500万円相当の本が売れるとか!

そして香港で最も主要な日系書店といえば、Causeway Bay(銅鑼灣)にある、そごうの旭屋書店! 
伺ってみますと、何と! ディスカヴァーの日本語版オリジナルの書籍も綺麗に並べてくださっていました。感激です! 
これからは英語版、中国語繁体字・簡体字版をはじめ、海外の言語にどんどん翻訳し出版していく方針で事業展開をしていく予定です。
全世界いつでもどこでもディスカヴァーの本を買えるという仕組みを、早く構築し実現させたいですね。
 
Img_0205Img_0222  観光名所で名高いTimes Square(時代広場)では、ロサンゼルスの有名アーティストMike Stilkeyの展示会が行われていました。
写真をご覧頂ければお分かりのように、一冊一冊の本を並べたら一枚の絵になるというデザインです。
本でできることはまだまだたくさんあるようですね…あまりのクリエイティビティに脱帽です! 
ディスカヴァーでも、コンテンツの新しい形を模索していきたいと思います。

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!