ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

« 3/12(月)開催!『星ヶ岡のチンパンジー』刊行記念トークイベント@ジュンク堂大阪本店 ●田中 | メイン | 英語絵本がこんなに楽しいなんて!『絵本で英語をはじめる本』ブッククラブ ●田中 »

2012年2月23日 (木)

天才と凡才の間 わかっていることと実行していることの間 幸福な人生と不幸な人生の間 ●干場

わかっていることと実行できていることの間には、とてつもなく深く大きな溝がある。まさに、異次元の世界のことぐらいの違い。

ちなみに、以前、勝間さんの知人から次のようなことを聞いた。

「ためになるビジネス自己啓発書を読んでも、それを実際に実行してみようと決意する人は2%、ほんとうに実行する人はそのまた2%、さらに、それを成果が出るまで続ける人は、そのまた2%。つまり、読んだ人の0.02×0.02×0.02=0.000008,つまり、100万人に8人しか、その本の成果を自分のものにしない」

勝間さんからは、先日、「天才も確率論だ、というのが今最も新しい説」だという話を聞いたから、ひょっとしたら、その100万人に8人を天才というのかもしれない。
(ちなみに、わたしは、勝間さんの「年収10倍アップ勉強法」を編集したので、そのなかにあった、英語学習として、「7つの習慣」の短縮版をiPodに入れて、通勤時間に聞くようにしたけど、1か月ほどで止めてしまい、英語力はかわらぬまま、レッツノートも、海外出張用にはかったけど、どうしてもデザインが気に入らず、会社の美品用に供出しちゃって、代わりに買ったAirMacブックも、出張以外は持ち歩かない、という状態なので、やっぱり凡才のままだ)

だから、これからご紹介する2月新刊、

_1_image_230_3111人生に奇跡を起こすたったひとつの教え

も、ひょっとしたら、その教え、著者いはく、まさに「魔法」ともいうべき教えが何かを知って、多くの方が、「なあーーーんだ」と思うだろうし、中身を見ても、「こんなの知ってる」と思うだろうけれど、でも、もし、あなたの人生が、完全に満足のいくものではないとしたら、やっぱりそれは、頭で分かっているだけのことで、あなたはまだ、溝のこっち側にいるのである。
(なんて、偉そう言っているわたしも、もちろん、同じく)

で、その深い溝に、橋渡しを試みているのがこの本だ。
おそらく著者は、多くの苦しみの後に、このことを全身で実感し、一瞬のうちに、溝の向こう側に行ったのだろう。

著者曰く、

「10年前、わたしが知ったそれは、あまりにもシンプルなので、多くの人はその魔法に気づかない、けれども、わたしはいまでもそれが、人生に奇跡を起こす魔法だと思っている」

だから、本書は、とりあえず、手元に置いて、それが必要になったときに、読んでみるのがいい。何度も読んでみるのがいい。息をするように。
わたしもそうしようと思う。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161323/27985435

天才と凡才の間 わかっていることと実行していることの間 幸福な人生と不幸な人生の間 ●干場を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と高校生の息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!