ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

創業以来のディスカヴァーベストセラー著者ランキング、意外なその順位は… &今年も有難うございました!! ●干場

毎年のことながら、年末は怒涛のごとく、師ではない私も走りに走りで、20日のディスカヴァー忘年会以来、このブログも更新しないで、大みそかまできてしまった。。。

何が忙しいかというと、決算だし、その資料をもとにした1年間の振り返り資料の作成とか、そのプレゼン資料(ミーティング対象別に複数)とか、決算賞与の計算とか、表彰者の決定とか、年賀状とか、お正月進行の1月新刊の校正とか、2月進行の原稿整理とか、パーティの準備とか、パーティとか、そのための芸の仕込みとか!!

(最後がいちばん、忙しかったりして!?)

というわけで、もう10日も前のことになってしまったが、21日は、業界名物(??)ディスカヴァー恒例のクリスマスパーティを今年は、25周年記念パーティとして、これまで、お世話になった著者の方々に、ご案内を差し上げて、行わせていただいた。

もちろん、書店様方は、これまでどおり、主賓だ。
今年は、三省堂の亀井社長から、ありがたいごあいさつをいただいた。

(そのなかでの、「男とを男とも思わない干場社長」というフレーズに、会長の伊藤は、大喜び!ww おかしいな。外では、とくに書店様へのご挨拶では、ちゃんと殊勝にしとやかにしているつもりなんだけど……???)

くわしいことは、こちら、スムースさんが、詳細に(?)レポートしてくださっているので、そちらをご覧いただくこととして、今年は、いつもの「干場弓子とザ・ベストセラーズ」だけでなく、藤原和博先生にも「無縁坂」(さすが、CDもお出しになっているというだけあって、プロだ!)をおうたいいだき、会場は、おおーー!の声。

ちなみに、ザ・ベストセラーズ、いろいろ、支障があっては、ご迷惑と、その時間のみは、撮影禁止としているのに、肝心の勝間さんが、さっそく、ツイッターとかで、写真をアップしていた。。(ことしは、「どうにもとまらない」の替え歌。歌よりも、振付を覚えるほうがたいへんなのはいつものとおり…)

イケメンバックダンサーズの皆様も、有難うございまいた!
「婚活時代」の山田昌弘先生、「年収200万円からの貯金生活宣言」の横山正昭さん、「投資手帳」の内藤忍さん、「日本一やさしくて使える会計の本」の久保憂希也さんです。

今年は、25周年ということに加えて、「超訳ニーチェの言葉」の大ヒットもあり、韓国版で、それを読み、感動したという韓国からの特別ゲストも! これからブレイクしそうな、新進のテノール歌手も感動的な歌声を。

と、それだけかと思ったら、来春、ディスカヴァーからの出版がきまっている加藤登紀子さん、お忍びで(?)お呼びしてあったのですが、急きょ、壇上に上がると、素敵なスピーチに加えて、なんと、その場で、シャンソンを歌って下った!

(フランス語だし、一説ですので、JASRACの人、飛んでこないでね)

加藤登紀子さんとのご縁も、このブログで前に書いたように、ニーチェとツイッター!
まさに、ニーチェさまさま、白取さまさま!

ところで、その加藤登紀子さんが、一緒に歌いましょうよ、とお声をかけたのが、某大手書店チェーンS堂のK社長。上記の韓国テノール歌手の方の歌に、3度上げてはもって口ずさんでいらしたとか。来年は、イーグルスかビージーズが聴けそう!?

さて、25周年ということで、出版を本格的に始めて以来、この20年、ディスカヴァーでの累計発行部数50万部以上の著者の方を発表、いらしている方を表彰させていただいた。

ちなみに、そのベストセラー、オーサーとは!?

9位  52万部 加藤ゑみ子さん(お嬢さまシリーズ)
8位  58万部 ひすいこうたろうさん(名言セラピーシリーズ)
7位  80万部 小宮一慶さん(ビジネスマンシリーズ)
6位  92万部 白取春彦さん(ニーチェ以外にもいろいろ)
5位 100万部 勝間和代さん

勝間さんが5位とは!? いったい1位~4位は何!?

ということだけれど、計算してみたら、意外な(?)結果に!

4位 125万部 藤沢優月さん 夢をかなえる人の手帳シリーズ
3位 150万部 弓場 隆さん 翻訳自己啓発シリーズ、
          普通の翻訳家とは違って、ご自分で企画持ち込みの超訳。

実は、ここまでと思っていた。それが、、

2位 230万部 ディスカヴァー・クリエイティブ I  miss  you ....、勇気をくれたこのひとことなど、読者の方々からの投稿をまとめたCDサイズのシリーズ

1位 250万部 伊藤守 そう。ディスカヴァーの会長にして、オーナー。最初は、書いてくださる著者もおらず、ひたすら伊藤の本を作りました。おかげさまで、多くの読者の支持を得て、ディスカヴァーの礎となりました。

というわけで、いいこといろいろの今年ももう少しでおしまい。

今年、そして、この25年間、支えてくださった読者の皆様、著者の皆様、書店の皆様、印刷所、デザイン・イラスト、その他、関係者の方々、そして、スタッフのみんな、そして、伊藤さん! 本当にありがとうございました! 

引き続き、もうすぐ開ける2011年もよろしくお願いたします!

もっと素晴らしい年でありますように!!

2010年12月21日 (火)

キムタクとツーショット!? ●干場

いよいよ、忘年会シーズンもたけなわ。
Photo 先週末の、藤巻幸夫さんの忘年会に続き(変なショットでごめんなさい。あやまっているわけではなくて、会場の皆さんに御礼申し上げている藤巻さんです。ほんとうに、藤巻さんのお人柄の表れたあたたかい会でした!)、

20日は、ディスカヴァーのスタッフ&アルバイトの忘年会。
デザイナーの方々やエージェントの方々など、日頃お世話になっている気の置けない方々もお誘いしました。

Photo_2 で、このショット!
おおーー! キムタクだーー!

(キムタクのファンでもないのに、こういうときだけ、ミーハーな私)と言いたいところですが、
ごらんのとおり、テレビでもおなじみの、カール北川、矢沢B吉やマイケル井上、谷村仁司、岡田聖子などが毎夜、ショーを繰り広げる、六本木は、STAR を借り切っての忘年会でした。
Photo_3 写真は、12月生まれの3人のバースデイセレモニー。

ディスカヴァーの、というか、関連会社のコーチエイなども含めたわがグループの社員心得(?)は、
すぐやる なりきる とことん楽しむ」なのですが、STARの方々の、とことん、120%なりきる、やりきる姿には、いつも感動させられます。
今回も、ああ、まけてはいられない!と、社員一同(?)、その姿に学んだのでした。

Photo_4 なお、来春入社の新卒5人組も、なりきったダンスで息のあったところを披露。
電子書籍関係で仕事を依頼している東大2年生(19歳 未成年だった! もちろん、ウーロン茶とジュースにしろと指示!ww)の2人組に、「彼ら、あなたたちの先輩なのよ、博士もいるよ』と言ったところ、「社会人って、たいへんなんですね」だと。
ふむふむ、なりきる楽しさをまだ知らないな。

さて、明日のパーティでは、私もなりきらなくっちゃ!
何になりきるかは、まだ、ないしょです。。。

2010年12月20日 (月)

「ブームになりました。ブームで終わりませんでした。」朝日新聞全面広告! ●田中

201012_212月17日~20日にかけて、朝日新聞全国版にディスカヴァーの広告を掲載いたしました!
すでにご覧いただいた方から、続々と反響をいただいています。ありがとうございます!

ディスカヴァーは今年で創立25周年。
その歴史を、25冊のベストセラーと、その出版年の流行語とともに振り返る趣向の広告です。

デザイナーさんが出してくれた複数の案の中からはどれも素敵で選びがたかったのですが、「時間の流れを実感できる」という理由でこちらに決定しました。
(どの書籍にも思い入れがあり、25冊に絞り込むのもこれまた、至難の業でした…!)

みなさんの思い出にのこっている1冊は、あるでしょうか?


広告に掲載された書籍は下記の通りです。

1992 この気もち伝えたい
1993 今日を楽しむための100の言葉
1997 I miss you...
1997 アインシュタイン150の言葉
1997 お嬢さま言葉速習講座
1999 うまくいっている人の考え方
2000 誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則
2002 天使になった男
2002 コーチング・マネジメント
2003 ミリオネーゼになりませんか ※広告には旧装丁を掲載
2003 夢をかなえる人の手帳2011
2004 強育論
2005 名言セラピー
2006 マジビジ時間管理術を学べ!!
2006 君と会えたから…
2007 年収10倍アップ勉強法
2007 働く理由
2008 婚活時代
2009 どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座
2009 年収200万円からの貯金生活宣言
2009 LIFE MICHAEL
2010 科学技術は日本を救うのか
2010 電子書籍の衝撃
2010 STYLE from TOKYO
2010 超訳ニーチェの言葉

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!