ディスカヴァーHP

社長室ブログ内検索

twitter

Facebook

« このままでは、5年以内に、預金封鎖になってしまう!? ●干場 | メイン | ニーチェ「反」入門!? ●干場 »

2010年10月27日 (水)

すみません、極めて私的なぼやきです。。 ●干場

昨日は、母校愛知県立旭丘高校の、保護者数百名を対象にした年に一度の教育講演会というの講師としてよばれ、お話ししてきました。
旭といえば、名古屋では、肩で風切って歩く! ぐらいに言われていた(なにしろ、東京と違って狭い街)ので、意気ようようと名古屋駅からタクシーに乗って、
「旭丘高校まで。古出来町の」と言ったら、80歳近いとか思えない運転手さん、「えっ? どこですか?」
仕方なく、住所を教えると、ナビにのろのろ入力。
そうか、名前は知っていても、縁がなくて、場所は知らないのね、と思っていたら、
「最近できた新設高校ですか?」だって!
思わずむっとして、大人げなく、
「いいえ、旧制愛知一中時代から、同じ場所にあります!!」(きっぱり)
と言ってしまった。。。。

なぜか、高校のこととなると熱くなる私。
で、高校時代、抜きんでた優等生でもなければ、政治や思想の議論や運動に加わったわけでもない私でも、しっかり校風を体にしみこませて今がある、みたいな話もしたわけで、特段あがってもいなかったのですが。。。。

やはり、相手が自分と同じ高校生のお母様方となると、やっぱり緊張していたというか、何話していいのか、最後までつかみかねていたというか、肝心の締めの話と、ツイッターやブログの宣伝の話をするのをすっかり忘れてしまいました。。。。
来月、朝日新聞に、ニーチェの全面広告(白取さんとおおーーー!カンさまとの、格調高い対談です!)だすこととかも。。。

肝心な話とは、「子どもは授かりものじゃなくて、預かりもの。自分のものと思うからおかしくなる。育てさせていただいていると思え」「才能も同じ。たまたま偶然才能を預かった人は、それを磨く義務がある。自分のものと思うから、粗末にする」。。ああ、ああ。
結局、今日は、なんのはなしだったんだ?と、歴史に残る希薄な講演会となったと思われ。。。

ヤフートップニュースにでたITメディアの記事の記事を読んで、熱烈ラブコールして下さったPTA委員の方々に、申し訳ない。。。(なにしろ、立派な卒業生、私ぐらいの年代に、きら星のごとく、いるので。。。)

来週、拓殖大学での講演では、抜け漏れダブりなく、努めよう! なにしろ、こちらは、学生は単位になるらしいので。。。

なんて、久しぶりのブログでも中身希薄なこと書いていると、こちらの読者の方にもあきれられちゃいますね。次には、まじめに(?)新刊のご案内を書こう!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/161323/25310433

すみません、極めて私的なぼやきです。。 ●干場を参照しているブログ:

コメント

卒業生はみな、旭のこととなるとなぜか黙っちゃいられないっていうのは、きっとDNAなんですね(笑)。市長の事務所だって旭のすぐ近くにあるのに、意外と知られていないんでしょうか。10年ほど前、名大の建築学部の方々が中心になっての、歴史ある旧校舎を残して欲しいとの署名活動に参加しましたが、現役生たちはかなり冷めた目で見ていたようでした。校舎が新しくなってからは、一度も遊びに行っていませんが、丸窓も吹き抜けの玄関も今はもうないのでしょうか。

講演を聴かせていただいた者です。お話の端々から、率直で開かれた感性で世界を見つめられ、そこで把握された理念を貫きつつ現実化されてこられた干場さんの生き様が感じられて、聴きに行ってよかった!と思いました。それは旭丘に通う息子が現在模索していることであり、こういう形で結実しておられる先輩が存在するということに希望を見たからです。
若い世代の彼らからすれば、将来にどう希望を持ちうるのかが非常に見えづらい時代ではないかと思います。けれど、歩みを進めている人のリアルな姿に接することで徐々につかめていくものがあるのではとも思います。
干場さんの真摯なお話に触れ、どんな本を作られる方なのだろう…と、早速本屋さんに足を運んでみました。これからの新刊も拝見したいと思います。
名古屋まで来てくださりありがとうございました。ご活躍を祈念しております。

たこみちさま
自分では、反省の講演だっただけに、でも、お伝えしたかったことをご理解いただき、そして、このように、コメントいただき、ありがとうございます!
おたがい、息子のことでは、幸せな半面、心配が絶えないですけれど、辛抱強く見守っていけたらいいですね。ひきつづき、宜しくお願いします。

干場 さま
レスポンスいただけて、感激しております!
本当に、「預かりもの」であるだけに、ワクワクとハラハラの連続ですね…でも、醍醐味を味わわせてもらっているこの巡り合わせに畏敬の念を持ちつつ、共有する時間を過ごしていきたいな~と、ブログを拝見して改めて思いました。
また覗かせていただきますね!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

*PROFILE*

  • 干場弓子
    ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。魚座。愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。新卒時、世界文化社入社。「家庭画報」編集部等を経て、1984年、ディスカヴァー・トゥエンティワン設立に参画し、現在に至る。夫と息子との3人暮らし。好きな言葉は、「Tomorrow is Another Day」。スカーレットの言葉です。理想の男性は、レット・バトラー。もしくは、クラーク・ケント(スーパーマン)。夫は、どちらにも、似ていない。
    ***
    カテゴリ紹介

    干場弓子の社長ブログ

    社長自らによる自社本の紹介や、出版業界に対するビジョンを語ります!

    グローバルレポート

    海外展開の状況やブックフェアなど旬な情報をお届け!

    広告&パブリシティ

    各メディア掲載情報や著者インタビューの模様など幅広くお知らせ!

    ブッククラブ&イベント

    イベント告知やレポート記事をアップ!

    デジタルコンテンツ&サイト

    新刊電子書籍のお知らせや売上ランキングをお届け!

    書店&ランキング情報

    書店様向け情報から展開写真、話題になっている一冊などをアップ!